スポンサーリンク

藍子(あいご)

スポンサーリンク

藍子(あいご)

藍子(あいご)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

藍子の呼び名由来についてご存知ですか?

名前の由来はアイヌ語で棘のあるイラクサの事を「あい」と呼んでいてその言葉から来て「藍子」になったといわれています。 また「阿乙呉」とも表記されたりします。

藍子の旬の時期

子持ちの藍子の旬は6月から7月で、ただの藍子の旬は1月から2月にかけてが旬とされており、1番美味しい時期は秋から冬にかけて画美味しい時期とされており食べる時期では秋からが最も人気のある時期とされています。
そして、藍子の身そのものを食べたいのでしたら冬が1番美味しく引き締まっているため、とても人気があります。

藍子の栄養成分

藍子の白身は良質な高タンパク質があり、脂肪分が少なくビタミンDがとても豊富にあります。ビタミンDは魚やキノコ類しか存在しておらず、カルシウムやリンの九州を助けると共に、骨を丈夫にしたり免疫力が高くなる働きをしてくれます。
そのため、健康にも栄養的にもとても重視されている魚です。

藍子の効能

藍子の効能は免疫力を上げ風邪や外部からの攻撃に強くなったり、脂肪分がとても低いため体にもとてもよくビタミンDはミネラルの代謝や骨の代謝、または恒常性の維持の関係もしており、骨軟化症が引き起こされにくくなります。

藍子の形や色の特徴

前兆30cmぐらいで体は木の葉の様に平らく体の上下にはトゲの様なヒレみたいなのがあり、体の模様がとても面白く褐色の横縞が数本あり全体的に白いため環境やその場の刺激によって変化するという。
そして口は小さくて唇が厚く目は少し大きくて、皮がとても厚く丈夫です。
背筋やそのほかの骨などもとても太くて強く発達しており、それぞれに毒素を持っているためこの鰭に刺されると毒が回り、数時間から数週間ほど痛みが続く。
そのため、触れるには注意が必要です。

藍子の代表的なレシピ

主に食べられるの調理法は刺身で、冬の時期に食べると実が引き締まっていて1番新鮮な食べ方が楽しめ、美味しくいただけます。他にも、カルパッチョやマリネにしてもとても 美味しくいただけますし、一般的な焼き物にしても美味しくいただけて一晩干して干物の焼き物として食べるのも美味しく食べられ、臭みも少なく食べやすくなります。他にも揚げ物などにも食されます。

藍子のレシピを検索!又は あいごのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺