スポンサーリンク

赤叺(あかかます)

スポンサーリンク

 

赤叺(あかかます)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

赤叺の呼び名由来についてご存知ですか?

一般的にカマスというのは「アカカマス」の事で背の背面が赤みがかっているためアカカマスと呼ばれるようになり、ヤマトカマスとよく似ている事もあるが本種は背びれが腹びれより後方にある事で見分けています。 カマスは、江戸時代には梭子魚と書かれていた事もありました。

赤叺の旬の時期

主な旬の時期は11月から3月までが旬の時期とされており、この時期になるととても美味しいあかかますが食べられます。

赤叺の栄養成分

梭子魚の栄養は脂肪分が少ないのと、カルシウムと良質なたんぱく質が含まれていることです。そのため、カロリーもそれほどなく健康やダイエットには向いています。

赤叺の効能

効能はやはりビタミンは勿論、良質なたんぱく質が豊富という事で免疫力の向上や、骨や歯などの人間にとってとても必要な栄養がとれて、脂肪分が少ないためとても健康的でダイエットには勿論、アミノ酸なども含まれているので日常的に不足がちな栄養が摂取できます。
他にもビタミンDとビタミンB1が豊富に含まれているため、健康と美容にもとてもいい肴です。

赤叺の形や色の特徴

赤叺は、基本縦長で細く下腹部がぽっこりとしているのが見た目の特徴で、色は全体的にばらばらになっており、尻尾は外に行くほど薄い茶色をしており頭は黒っぽい色をしていて体は、真ん中側だけは灰色をしています。
そして、上と下のほうは黒っぽい灰色をしていてアカカマスだけに限らずカマス辞退に画大体、20種類以上もあります。
そのため、天日星にされる事が多くカマス自体が非常に攻撃的で食欲が大せいです。

赤叺の代表的なレシピ

基本的には日干しとして食される事が多いですが塩焼きや焼き物にして食べるのがとても美味しく頂ける調理法で、こちらは刺身にするのは向いていないとの事です。
焼き物だけでは飽きてしまうのでこの魚の特徴でもある、長さとやわらかさを活かして巻物などに使用したり、海鮮などを芯にしては梭子魚で巻いたり、時にはカマスの身などで具財などを包んでそのまま、蒸し上げにしたりすると美味しくいただけます。

赤叺のレシピを検索!又は あかかますのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺