スポンサーリンク

甘エビ(あまえび)

スポンサーリンク

甘エビ(あまえび)

"Pandborealisind" by Alaska Fisheries Science Center (copyright note) - Alaska Fisheries Science Center. Licensed under Public domain via ウィキメディア・コモンズ.

甘エビ(あまえび)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

甘エビの呼び名由来についてご存知ですか?

甘エビは元々別名で、正式には「ホッコクアカエビ」という名前です。 寒海に生息するエビで、その身の甘さから別名で呼ばれるようになりました。 甘エビは最初の2年半から4年はオスその後はメスに性転換します。 小型のエビは全てがオスですが、半年ほどかけて生殖腺が精巣から卵巣に変わり、ほとんどのエビがメスに性転換します。 このため、通常食用として流通されるサイズのエビはメスということになります。

甘エビの旬の時期

甘エビの旬の時期は、秋から冬で9月下旬から2月下旬の間です。
北陸では、一尾まるごと、または刺身や寿司となり店頭に並びます。

一般的に甘くてぷりっとした食感を楽しむために生で食べられる事が多いですが、近年料理界をはじめ、改定料理でも様々な食べ方が試されています。

甘エビの栄養成分

・グリシン
・アラニン
・ビタミンE
・タウリン
・アスタキサンチン
・キチン
・たんぱく質
・脂質
・不緩和脂肪酸
・ナイアシン
・葉酸
・パントテン酸
・ビタミンB12

などが含まれています。

甘エビの効能

ビタミンEが豊富で、強い抗酸化作用があり、活性酵素を抑え体内の不緩和脂肪酸の酸化を防ぐはたらきがあるので、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防に下っていると考えられています。

タウリンは脳卒中、高血圧、心臓病の予防や疲労回復、視力回復に有効とされています。

エビはコレステロールが高い食品ですが、悪玉コレステロールを協力に除去するいろいろな成分も含んでいます。

甘エビの形や色の特徴

形は他のえびと変わらず、体の色はピンク〜赤褐色です。

甘エビの代表的なレシピ

甘エビの代表的なレシピは、お寿司・刺身です。
ほかにも甘エビの天丼、甘エビの唐揚げ、甘エビ入り炊き込みご飯、甘エビとトマトの梅しそパスタ、甘エビのカルパッチョなどがあります。

甘エビのレシピを検索!又は あまえびのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺