スポンサーリンク

網藍子(あみあいご)

スポンサーリンク

 

網藍子(あみあいご)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

網藍子の呼び名由来についてご存知ですか?

由来はアイヌ語で棘のあるイラクサを「あい」と読んでいたためこの言葉から来たとされており、「あみあいご」と名づけられたのが由来です。 そしてこの呼び方は地方や県によって違ってきます。「ご」というのは魚を意味しています。

網藍子の旬の時期

網藍子の旬の時期は不明とされており、特にこれという時期はなく春から夏にかけてが旬になる所もあります。年中取れる網藍子ですが、この魚は特に身が引き締まっていて白身で淡泊です。
そして、子持ち網藍子になると6月から7月にかけて蛾旬になります。

網藍子の栄養成分

網藍子の主な栄養成分は、脂肪分が少なく白身なためとてもヘルシーです。
そのため良質なたんぱく源ともいわれており、健康などにとても良いとされています。
そして、ビタミンDがとても豊富に含まれており、ビタミンDはきのこ類や魚類にしか存在しません。ます。

網藍子の効能

ビタミンDが豊富に含まれているため室内などのデスクークをする人には、不足がちになってきたり、またカルシウムやリンなどの吸収を抑えてくれたり骨や形成を促す働きをしてくれます。
そして、免疫力も高めてくれるため成長期の子供にはとても大切な栄養素が詰まっているため、とても体にもよくアレルギーや感染病などからも守れるような方向へと働いてくれます。

網藍子の形や色の特徴

基本網藍子は、東北や九州地方に存在しており海外ではオーストラリアで見る事ができ、色は濃い灰色と黒を混ぜた感じの色をしており比較的暖かい海域の沿岸に広く生息している魚で、背鰭や腹鰭等はとても太くて鋭い毒をもっています。
そのため、そこに触れたり刺されたりすると数時間から数週間の間痛みがとれなかったり、最悪の場合、高熱を出したりします。
主に、海藻を食べて生きていますが動物性のものを食べたりして生きており網藍子自体とても珍しいためあまり売りなどには出されておらず、ほとんど地物などで食べられる事が多いです。

網藍子の代表的なレシピ

主に、地元やその土地などで食べられるため普段見る機会がほぼありませんが網藍子は刺身にしたりすると新鮮で身がとても美味しいです。
基本は、塩焼きや煮漬けなどにして食べるのもとても美味しいです。そのほかにも揚げ物にしたりするのも、美味しいくいただけます。

網藍子のレシピを検索!又は あみあいごのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺