スポンサーリンク

鯔(ぼら)

スポンサーリンク

鯔(ぼら)

鯔(ぼら)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

鯔の呼び名由来についてご存知ですか?

ボラはハラブト(腹太)と呼ばれるところからホハラ(太腹)かホホハラ(含腹)が変化したというふうに考えています。そのほかに体などのことをボラという地方もあるので体特に腹が大きいということからボラと名前を付けられたとも考えられています。 ちなみにボラは出世魚のひとつでして、地域によって異なりますが一般的に3cm程度のときをハク、5〜10cmのときをオボコ、スバシリ、20cmくらいのときをイナ、30〜40cmくらいのときをボラ、50cm以上のときをとどと呼びます。

鯔の旬の時期

ボラの旬の時期は10月〜1月で海水の温度が時期に獲られるボラは寒ボラと呼ばれていまして、脂ののりがとてもよいです。

鯔の栄養成分

ボラのなかにあるビタミン、ミネラルの中ではビタミンB12とビタミンDが多く入っており、またカリウムやカルシウム、たんぱく質、リン、ナトリウム、ビタミンAなども多く含まれています。

鯔の効能

ボラのなかに多く含まれています、ビタミンDはカルシウムなどのバランスを整えていくのを手助けしたり、骨などの健康を保つ効果があります。さらに最近ではビタミンDの免疫力をアップさせたり、糖尿病やガン、自閉症などにも有効かもしれないということが分かってきました。

鯔の形や色の特徴

体はほぼ円筒形状で、頭の部分は従篇しています。背面は灰青色になっており腹面は銀白色になっています。

鯔の代表的なレシピ

ボラの食べ方のなかでもっとも有名なものは、カラスミではないでしょうか?
カラスミというのは、ボラの卵巣を塩漬けをしまして、塩抜きをした後に天日干しをして乾燥させたものです。
からすみを食べた感じは、ややねっとりしていまして、しょっぱいクセのある珍味だそうです。魚の卵の味がするそうです。

そのほかにボラの胃の幽門はボラのへそと呼ばれていまして、こりこりとしている食感で珍味だそうです。

鯔のレシピを検索!又は ぼらのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺