スポンサーリンク

血鯛(ちだい)

スポンサーリンク

 

血鯛(ちだい)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

血鯛の呼び名由来についてご存知ですか?

目の横にあるエラ蓋に、真っ赤に線が入っている部分があります。この真っ赤になった部分が血が滲んでいるように見えることから「血鯛」という名前が付けられました。 各地では「チコ」、「チコダイ」、「ヒメダイ」、「コダイ」などとも呼ばれています。各地でチコと呼ばれているのは小さい魚という意味で「小子」のことを指しているようです。おでこが出たものをデコ、関東ではハナダイなど地方で名前が多数ある魚です。 小鯛と呼ばれるタイ科の魚は西日本では黄鯛が多く、東日本では血鯛が多くなっています。旬の大きなもので鮮度のいいものは、需要が高く値段が安定してます。

血鯛の旬の時期

春から味が良くなり始め、初夏、夏に旬を迎えます。この血鯛は大型のものを刺身にしても大変美味しく、秋まで味わうことが出来ます。

血鯛の栄養成分

脂肪が少なく栄養価の高いタンパク質を含み、消化吸収の良さから全ての年代に嬉しい食品です。ビタミンB1が豊富で、タウリン、ナイアシン、カリウムなどのミネラル分も多く含まれています。

血鯛の効能

消化液の分泌を促して糖質の代謝を助長しエネルギーに変えるビタミンB1は、不足すると糖質が分解できずに乳酸などの疲労物質が溜まってしまいます。夏バテを始め、疲労感や食欲不振の原因にもなります。

血鯛の色、形の特徴

全体は朱色かかった体色で、見た目は非常にマダイに似ています。エラ蓋の後ろが筋上に赤く、血が滲んで見えるのが特徴です。

血鯛の美味しい食べ方

マダイと同じように刺身はもちろん、煮ても焼いても美味しく食べられるオールマイティな魚になります。蒸しても揚げても使い勝手が良く美味しいです。

小さい血鯛を酢で漬けると酢締めになり、江戸前寿司から日本海側では名物になるほど人気の食べ方になります。マダイに比べてやや水っぽいので、塩を振って少し置き塩焼きにすると淡白な白身を味わうことが出来ます。

血鯛のレシピを検索!又は ちだいのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺