スポンサーリンク

鮎魚女(あいなめ)

スポンサーリンク

鮎魚女(あいなめ)

"Hexagrammos otakii". Licensed under CC 表示-継承 2.5 via ウィキメディア・コモンズ.

鮎魚女(あいなめ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

鮎魚女の呼び名由来についてご存知ですか?

鮎のように縄張りを持ったり、「大言海」に「鮎に似て滑らかであるから」とあります。 ”愛な魚”こと、愛は「愛でること、消費すること」、”な”は、「の」、”め”は「賞味すべき美味な魚」の意味が由来です。 地方によって独特の呼び方もあります。北海道では「油子(あぶらこ)」「あぶらっこ」。 四国関西では「あぶらめ」新潟や秋田などでは「しんじょ」「しじゅう」「根魚(うえうお)」広島県では「籾種失(もみだねうしない)」と呼ばれています。

鮎魚女の旬

晩秋から春にかけての寒い時期が旬。最盛期は晩秋から冬です。
季節により寄生虫がいることもあるので、刺身などの生食は注意しましょう。
分布は日本各地と、朝鮮半島南部、黄海、浅瀬の岩礁域に住みます。

鮎魚女鮎魚女の栄養成分・効能

ビタミンDとカルシウムが豊富に含まれています。
ビタミンDは不足すると危険で、体がだるく、肩こりや腰痛が起こりやすくなる、うつ状態が続く、歯や骨が弱くなる、骨は骨軟化症という、骨粗鬆症よりひどい状態になります。
血中のビタミンD濃度が低い人は免疫力が弱くなり、がんや風邪、インフルエンザなどの感染症のリスクが高くなります。
ビタミンDは人間の体では、1日に日光浴に浴びると形成されると言われています。

鮎魚女の形や特徴

尾鰭の端は直線的かやや湾入しています。側線は5本あり、背鰭は中央付近に目立つ欠刻があり、棘条部と軟条部で分かれています。
背鰭棘数は19-21本であることなどで、日本産アイナメ科魚類と他種で区別できます。
体色は褐色から橙色と、生息場所によって違います。
黄色い個体は婚姻色を呈している雄であり、産卵期のみ特異的にみられます。

鮎魚女の代表的なレシピなど

夏なら活けものを薄造りに、晩春、夏から秋のものがおいしいです。
木の芽焼き、唐揚げ、潮汁、味噌汁、干物、みりん漬もおいしいです。

鮎魚女のレシピを検索!又は あいなめのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺