スポンサーリンク

狐眼張(きつねめばる)

スポンサーリンク

 

狐眼張(きつねめばる)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

狐眼張の呼び名由来についてご存知ですか?

狐眼張の呼び名の由来は顔つきを狐に見立てた英名をそのまま和名にした可能性があるといわれています。東京帝国大学教授の生物学者である田中茂穂という人が狐眼張と命名しました。 地方によって呼び方が違い、北海道ではマゾイ、島根県ではクロボッカ、クロボッコ、ソイ、ヒキ、モロタビ、オキメバル、ツヅリ、メバツヅリといったいろいろな呼び方があります。また全国でも呼び名が違い、キツコオホゴやタケノコメバル、ハツメ、バドウなどの呼び方があります。

狐眼張の旬の時期

狐眼張の交尾期は秋から冬です。出産期は初夏となりますが、狐眼張は春から夏にかけて身が締まります。また冬には脂が乗って旨味が増してくるので冬に狐眼張を食べるとより一層美味しく召し上がることができます。

狐眼張の栄養成分

狐眼張は生活習慣病防止に適している魚です。人の体は外界から入ってくる空気や食べ物から病原菌などが体内に入ってしまうのを、粘膜で防いでいます。この粘膜にある上皮細胞の形成や働くにビタミンAが深く関係しています。

ビタミンAによって上皮細胞の免疫力を高めることができ、風邪のウイルスの侵入を防いだり、ガンや生活習慣病の予防にもつながります。また疲労回復にも適している魚で、特に目の疲労回復に大きくつながってきます。

狐眼張の効能

ビタミンAには体の免疫力を向上させる効果があるため、疲労回復に大きくつながります。その他に目の健康維持や皮膚・粘膜の免疫力の向上、抗酸化作用などが期待できます。また肌のハリやツヤを良くするので、乾燥した肌や日焼けで荒れた肌をケアする効果も発揮してくれます。

狐眼張の形や色の特徴

狐眼張の色は紫がかった黒色をしています。体は楕円形で側偏します。鼻筋がゴツゴツしているのが特徴的です。

狐眼張の代表的なレシピ

狐眼張の色は紫がかった黒色をしています。体は楕円形で側偏します。鼻筋がゴツゴツしているのが特徴的です。狐眼張のレシピを調べていくと、塩焼き、干物、煮付け、鍋料理、刺身などがあります。

その中でも塩焼きが一番美味しく狐眼張を召し上がることができるといわれています。狐眼張のエラ、内臓、うろこを取り除きキッチンペーパーで水気をふきとり、小麦粉をつけてはたきます。

フライパンにオリーブオイル、にんにくをいれ香りがでるまで弱火で焼き、狐眼張を入れて弱火で焼いていきます。焼き目がしっかりついたら完成です。

狐眼張のレシピを検索!又は きつねめばるのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺