スポンサーリンク

白海老(しらえび)

スポンサーリンク

白海老(しらえび)

Shiroebi」。Wikipedia で発表。

白海老(しらえび)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

白海老の呼び名由来についてご存知ですか?

白海老の呼び方にはばらつきがあり、唯一漁場を持つ富山県では、一般に「白えび(シロエビ)」と呼ばれ、沿岸地域では「ヒラタエビ」と呼ぶ事もあります。 名前の由来は、体色が無色透明でかすかにピンクがかっていますが、死ぬと乳白色になります。 和名はこの体色に由来します。

白海老の旬の時期

白海老の旬の時期は春から夏で、4月から7月の間です。

白海老の栄養成分

・タウリン
・アスタキサンチン
・キチン
・カルシウム
・マグネシウム
・リン
・ビタミンB1
・DHA
・EPA

などの成分が豊富に含まれています。

白海老の効能

タウリンは脳卒中、高血圧、心臓病の予防や疲労回復、視力回復に有効とされています。

アスタキサンチンはゆでると赤くなる色素成分で、強い抗酸化力で発がんを抑制ひ、血液をサラサラにすると言われています。

えびやかにの殻にはキチンという不溶性食物繊維が含まれており、便秘の予防・改善に役立つだけでなく大腸がんの予防やコレステロールを体外に排出する働きなどもあるとされています。

白海老はかき揚げなどで殻ごと食べると、カルシウムやマグネシウム、リンなどが非常にたくさん摂取でき、骨を丈夫にし、イライラの解消などに効果があるとされています。

白海老をはじめ海老には、味覚障害を予防する亜鉛や銅などの微量元素も多く、殻や尾には骨粗しょう症予防、骨の強化作用があるカルシウム、便秘や冷え性に効果のあるキチン質が多量に含まれています。

白海老の形や色の特徴

白海老の体の色は白で、左右に平たい体型をしています。

白海老の代表的なレシピ

白海老の代表的なレシピは、天ぷらです。
天ぷらのほかに生で食べることもできます。
汁もの、かき揚げ、炒め物にして食べることもできます。

白海老のレシピを検索!又は しらえびのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺