スポンサーリンク

魚反(はまち)

スポンサーリンク

?(はまち)

魚反(はまち)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

魚反(はまち)の呼び名由来についてご存知ですか?

魚反は成長するとぶりになります、江戸時代の本草学者が脂多き魚なり、脂の上を略すると語っておりアブラがブラになりさらにブリになったという説があります。 魚反と言う魚は出世魚であり成長するにつれて名前が変わっていきます、成長過程によって名前が変わり小さい順からワカシ→イナダ→ワラサ→ブリの様に名前が変わりますが地方によって呼び名が変わり、関東ではワカシ→イナダ→ワラサ→ブリとなり関西ではツバス→ハマチ→メジロ→ブリとなります。

魚反の旬の時期

魚反の旬は夏から初秋にかけてでブリの幼魚として知られる出世魚で成長するとぶりになり寒ブリの旬は冬です。

魚反の栄養成分

旬の頃の魚反は青魚に共通する栄養のEPAやDHA、ビタミン類を多く含まれています。

沢山含まれているカルシウムや良質なたんぱく質もとても魅力的です。

魚反の効能

血中のコレステロールを下げ、動脈硬化を防いだり脳の活性化を促進し痴呆を防ぐ中高年にとって重要な栄養成分になり生活習慣病の予防や改善に働きます、難点は酸化されやすいことですがこれを防ぐビタミンEを含んでいます。

さらにビタミンB郡の含有量が多くパミルトオレインが豊富で脳の血管に栄養を補い血液の壁を丈夫にすると言われている成分です。

魚反の色や形の特徴

魚反は出世魚なので成長するにつれて名前が変わります。

口の先から目を通って尾鰭の付け根付近まで幅広い黄色の帯が見られ鱗はとても細かくアジのの仲間ですがアジのような稜鱗はなく同属のヒラマサとよく似ていますが少し違います。

形は紡錘形をしています。

魚反の代表的なレシピ

魚反は刺身もおいしいですが照り焼きや竜田揚げなどもおいしいです。

魚反のレシピは生ものよりも火を通す料理の方がおいしいと思います、代表的な料理は照り焼きでこの調理方が一番有名で定番の調理方法だと思います。

魚反のレシピを検索!又は はまちのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺