スポンサーリンク

羽太(はた)

スポンサーリンク

羽太(はた)

"Epinephelus striatus". Licensed under Public domain via ウィキメディア・コモンズ.

羽太(はた)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

羽太の呼び名由来についてご存知ですか?

ハタの呼び名の由来はハタの代表的なものの意です。 地方名は九州ではアラと呼び南西諸島ではミーバイと呼ぶことなどがあります。

はたの旬の時期

ハタの旬は6月〜8月ですがハタは他にもいろいろな種類がいます。

はたの栄養成分

ハタは栄養価値が高くタンパク質やビタミンなども摂取できます。

ハタの骨には不飽和脂肪酸が豊富に含まれておりカルシウムやリン等のミネラルも豊富の含まれていて健康に注意する現代人にとって最良の飲食選択です。

はたの効能

ハタは栄養が豊富で薬用価値が非常に高く血行を良くするなど様々な効果があります。

はたの形や色の特徴

ハタには様々な種類がありとてもハタ科はとても大きなグループである。

ハタはすべてが海水魚で熱帯から温帯の浅くて暖かい場所に幅広く生息していてほとんどの種類のハタはサンゴ礁などに生息しますが中には深海まで生息する種類もいます。

成魚の大きさは10cmくらいから全長が2mを超える大型のものまで様々な種類が確認されており多くの種類が雌性先熟の性転換を行うので大きな個体のものはほとんどがオスである。

形の特徴は口が大きく下あごが上あごより前に出ています、体に対して頭とヒレの割合のが大きく楕円形になっています。

生活としては単独で行動しほとんどの種は海底付近で生活しますが種類によっては海底から離れて泳ぐ種類もいます。

肉食性他の魚や甲殻類を食べたりしますが時には自分の半分ほどの大きな魚を捕食する事があり飼育などは簡単ですが同居魚を食べてしまうところが難点になります。

親魚は卵を保護することがなく卵はプランクトンとなって海中を浮遊し孵化した稚魚は浅い場所にも来ますが成長すると深い場所に移動します。

はたの代表的なレシピ

ハタは高級魚に分類され大型のものでは2m近くの物もいますが種類によって旬も様々ですが鍋や刺身がとても良いと思います。

羽太のレシピを検索!又は はたのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺