スポンサーリンク

鰰(はたはた)

スポンサーリンク

鰰(はたはた)

"Arctoscopus japonicus". Licensed under CC 表示-継承 2.5 via ウィキメディア・コモンズ.

鰰(はたはた)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

鰰の呼び名由来についてご存知ですか?

はたはたとは古語になり雷の擬音語で現在のごろごろになりますが秋田県で雷のなる11月頃の捕れる事からカミナリウオという別名でも呼ばれており、日本海の荒波が強く捕りにくいことところから波多波多と書くこともあります。 地方名によって呼び方も様々でカハタ、シマアジ、サタケウオなどがあります。

はたはたの旬の時期

はたはたはブリコという卵をもっている雌が珍重され旬となり産卵前の脂が乗った3月〜5月も旬の時期になりシロハタと呼ばれています。

はたはたの栄養成分

はたはたは脳の働きを改善したり骨を強化する効果があるとされています。

はたはたにはDHAやEPA、ビタミン、鉄などが含まれて脳の動きを活発化したり脳細胞を発達させる働きがあります。

はたはたの効能

はたはたの効能は老人性認知症の有用となっておりアレルギー性のアトピー性皮膚炎を改善したり癌を抑制する効果があります。

はたはたに含まれるエイコサペンタエン酸は血液の関係に効果があり血行改善や血栓の予防になります。

ビタミンDも含まれておりカルシウムの吸収を促進し、ビタミンEは細胞の老化を防止する働きがあり鉄には酸素を運ぶ働きがあります。

はたはたの形や色の特徴

はたはたには鱗がなく小さな歯が並ぶ大きな口があります、背びれは前部と後部に分かれ離れていますが尾びれや胸びれが大きく浮き袋がありません。

生活の際は夜行性で昼間は泥や砂の中で目と背びれ出して隠れ、夜に行動する。

はたはたの卵はブリコと呼ばれており漁の時期になると雌は卵をたくさん抱えていることが多くあります。

はたはたの代表的なレシピ

はたはたは干物などにもでき様々な料理を作る事が出来ます。

はたはたは鱗が無く小骨も少なく簡単に骨が身から取れますので一匹丸ごとで煮たり焼いたりでき新鮮な場合ははたはたの寿司もできます。

鰰のレシピを検索!又は はたはたのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺