スポンサーリンク

彼岸河豚(ひがんふぐ)

スポンサーリンク

 

彼岸河豚(ひがんふぐ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

彼岸河豚の呼び名由来についてご存知ですか?

彼岸とは、春分の日や秋分の日などの前後3日間のころを指しますが、その中でも、春の彼岸にはとても寒い冬から暖かな季節が到来して、桜の便りも届きだして、心が温まる時期です。そんな春の彼岸にちなんでいるフグがいるということをみなさんはご存知でしょうか?その名前は彼岸河豚です。 その彼岸河豚は、秋の彼岸ではなく春の彼岸の時期に産卵することから名前がついたそうです。

彼岸河豚の旬の時期

彼岸河豚の旬の時期は12月〜2月とされています。ただし、彼岸河豚を食べるのを避けたほうが良い時期があります。昔からフグは彼岸から彼岸までと言い伝えられていますように、実のところ毒性という点でも4月は食べるのを避けたほうが良いでしょう。

彼岸河豚の栄養成分

彼岸河豚は、脂質も少なく高たんぱくで低カロリーでわりとあっさりした白身魚になります。ビタミンの中ではビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンDやビタミンEなどを含んでいますが、特にビタミンB2を多く含んでいます。

彼岸河豚の効能

彼岸河豚に多く含まれています、ビタミンB2はリボフラビンとも呼ばれていまして、脂質などを中心に糖質やたんぱく質を分解して、エネルギーに交換をすることができるとても重要な栄養素です。
余計な脂肪などを付けにくくするところから、ダイエットにも向いているといえるでしょう。
そのほかに、健康的な肌を作るときにも重要な働きをしまして、ニキビの予防や口内炎の改善をするという効果も得られます。

彼岸河豚の形や色の特徴

彼岸河豚の体は、いぼ状の突起で覆われていまして、小さなとげはありません。背側には淡褐色で黒色斑が存在します。腹面は白色に。なっています。尾びれと背びれは体の後ろのほうにあり、尾びれの縁は丸いです。そして、その尾びれが大きく毒があります。

彼岸河豚の代表的なレシピ

彼岸河豚を食べるには、薄造りなどが良いと思いますが、毒がありますので素人の方は料理を作らないほうが良いでしょう。

彼岸河豚のレシピを検索!又は ひがんふぐのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺