スポンサーリンク

毛蟹(けがに)

スポンサーリンク

毛蟹(けがに)

"Erimacrus isenbeckii" by Searobin - Searobin's file. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

毛蟹(けがに)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

毛蟹の呼び名由来についてご存知ですか?

その名のとおり全身に毛が生えているのが名前の由来です。 別名「オオクリガニ」ともいいます。これは毛ガニの近種である「クリガニ」と「トゲクリガニ」とを区別するために使われたと言われています。 英名「Hair crab 」中国名は「毛蟹」で日本と同じです。

毛蟹の旬の時期

旬は12月〜3月ですが5月〜7月を毛蟹の旬という人もいます。
この理由はオホーツク海で漁獲される時期が5月〜7月のためこの時期に入荷した毛蟹を旬とする人もいるからです。

毛蟹の栄養成分

かに身の赤い色はアスタキサンチンという色素です。

様々なアミノ酸も豊富に含まれています。

その他にもビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、バントテン酸、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガンなどがバランスよく含まれています。

毛蟹の効能

アスタキサンチンは強力な抗酸化力を持つ赤色の天然色素です。栄養に届きにくいところまで入り込むことができるため目の奥や脳までしっかり届きます。眼精疲労を改善する効果、眼疾患膜炎の予防効果、強力な抗酸化作用、動脈硬化・メタボリックシンドロームの予防効果、筋肉の疲労を軽減する効果、美白・美肌効果があります。

アミノ酸はたんぱく質を構成する材料として人間に限らず様々な動物の生命の源となる栄養素です。たんぱく質は内臓や筋肉、皮膚にいたるまで存在します。筋肉疲労を予防し回復する効果、スキンケアの効果、リラックス効果があります。

毛蟹の形や色の特徴

殻はあまり硬くはないですが短い剛毛が密生しています。

毛蟹の代表的なレシピ

鍋、味噌汁、カニ酢などがありますが刺身や茹でて食べるのが一般的です。

毛蟹のレシピを検索!又は けがにのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺