スポンサーリンク

飯蛸(いいだこ)

スポンサーリンク

飯蛸(いいだこ)

"Octopus ocellatus" by self - 投稿者自身による作品. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

飯蛸(いいだこ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

飯蛸の呼び名由来についてご存知ですか?

たこの語源は元々色々あり、飯蛸は江戸末期の私語私臆鈔には「たこは多股からきている」といわれており、そのようにも表示がされています。 和名抄では海蛸子として表されています。そして、蛸は本来クモの事を意味していて 海に沈むクモとも言われていました。 そのため、当時は「海蛸子」と呼ばれていましたが今ではそれが略され飯蛸と呼ばれています。

飯蛸の旬の時期

主な旬の時期は、9月から4月まででその中で最も美味しい時期は12月から2月の終わりがとても美味しい時期です。

飯蛸の栄養成分

飯蛸はイカに比べて良質なたんぱく質が多く含まれており、脂肪分が少なく水分も含んでいます。
そのため、炭水化物はほんの少ししか入っておらずダイエットや健康食としてとてもいいとされています。ナリウムやカルシウム、カリウムも含まれており、他にもビタミンAも含まれています。

飯蛸の効能

飯蛸は、ビタミンやカルシウムが含まれており、骨や歯を丈夫にしたりまた良質なたんぱく質が多く含まれているため、三大栄養素としてとても大切な栄養のひとつで、人間の体のエネルギー源になるため、血液や筋肉などを作る大事な働きをします。
そして、ビタミンAには皮膚や粘膜の正常保持をする働きがあります。

飯蛸の形や色の特徴

体長は最大でも30cm程でタコにしてはとても小型な生き物です。
そのため、体表は低い疣がとても多くて、体色は周囲や生きている環境によって変わってきますが、主に上の部分だけは黒に近い赤色をしており胸の間のヒダには金色の環状紋が2つあります。
そして、足にも長方形の模様がある事から区別ができ興奮すると、胴や胸に黒い縦帯模様が現れます。

飯蛸の代表的なレシピ

飯蛸のレシピは色々あり、サトイモや野菜などと一緒に煮込んだりする事が美味しく食べられ、新鮮なうちは刺身や裁いたのを踊り食いする事が最も美味しい食べ方で1番新鮮な状態で食べられる事から人気がありますが、天ぷらやおでんなどの料理に加えたり、また飯蛸だけを甘辛く煮たりするのも美味しく頂ける調理法です。

飯蛸のレシピを検索!又は いいだこのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺