スポンサーリンク

伊豆笠子(いずかさご)

スポンサーリンク

 

伊豆笠子(いずかさご)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

伊豆笠子の呼び名由来についてご存知ですか?

能登あたりから西、三陸南部あたりから南の沿岸の水深80〜200mの砂泥底や岩礁域に生息しています。数も少なく味が非常に良いので市場では高級魚として扱われています。 肉食性で魚類や甲殻類などを捕食します。 京都の中央市場では「ガシラ」と呼ばれています。 釣りでも人気があり「オニカサゴ」と呼ばれています。標準和名の「オニカサゴ」ではなく本種を釣る事を目的としています。

伊豆笠子の旬の時期

冬から初春(12月〜2月ごろ)までが旬ですが一年中獲れてそれ以外でも十分に美味しく召し上がれます。

伊豆笠子の栄養成分

たんぱく質、炭水化物などが含まれています。

その他にビタミンE、ビタミンD、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、バントテン酸、ビタミンC、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄などが含まれています。

伊豆笠子の効能

ビタミン類は微量で体内の様々な機能を調節する働きを持つため生命活動に必要不可欠な成分です。また体内でつくりだすことができないため食品から摂取する必要があります。骨や歯を丈夫にする効果、老化を防ぐ効果、疲労回復効果、成長を促進する効果、貧血を予防する効果、粘膜や皮膚を健康に保つ効果、エネルギーの代謝を助ける効果、妊娠中の肩など女性の健康を保つ効果があります。

ミネラル類とは五代栄養素のひとつで体の組織をつくる原料となり体の働きを維持・調節する働きがあるので人間にとって必要不可欠な成分です。また体内でつくることができないので食品やサプリメントでとる必要があります。細胞の機能を維持する効果、丈夫な骨や歯をつくる効果、貧血を予防する効果があります。

伊豆笠子の形や色の特徴

全体に赤く濃く赤い斑文があります。そこそこ大型になる種類で大きいのは50cmを越すものもいます。

伊豆笠子の代表的なレシピ

刺身や唐揚、煮付けなどにして食べると美味しいです。

伊豆笠子のレシピを検索!又は いずかさごのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺