スポンサーリンク

鰆(さわら)

スポンサーリンク

鰆(さわら)

"Niigata Prefecture, 20090526" by yamakk - Flickr: Niigata Prefecture, 2009/05/26. Licensed under CC 表示 2.0 via ウィキメディア・コモンズ.

鰆(さわら)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

鰆の呼び名由来についてご存知ですか?

成長するに従ってサゴシ(サゴチともいいます)、ナギ、サワラと呼び方が変わる出世魚です。 地方名ではサーラ、ヤナギなどがあります。 鰆は中国では海魚の名のことです。日本では春が旬だからとか春に産卵のために沿岸へ寄るからから魚へんに春の鰆を「さわら」と読みます。 別の語源では身体の特徴として腹部が狭いので「狭(さ)腹(わら)」と名づけられたとも言われています。

鰆の旬の時期

旬の時期は12月〜2月ですが地方によって異なります。

瀬戸内海など鰆が産卵にやってくる時期が春の地方では旬が春になります。鰆は高速で移動する回遊魚なので群れが沿岸を通りかかる時期がその地方の鰆の旬となります。

鰆の栄養成分

DHA、EPA、たんぱく質、鉄、ビタミンD、ビタミンB12を多く含みます。

その他にもレチノール、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、バントテン酸、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リンがあります。

鰆の効能

EPAやDHAは血液をサラサラにしてくれる効果があります。ガンの制御効果の働きもあるといわれています。

ビタミンDは紫外線を浴びることによって体内で合成することができる唯一のビタミンです。太陽のビタミンと呼ばれています。骨や歯を丈夫にする効果、糖尿病を予防する効果、免疫力を高める効果があります。

ビタミン類は他にも老化を防ぐ効果、疲労回復効果、成長を促進する効果があります。

ミネラル類は細胞の機能を維持する効果、丈夫な骨や歯をつくる効果、貧血を予防する効果があります。

鰆の形や色の特徴

1メートルを超えます。細長くて全体が銀色で側面中央部に黒灰色の丸い斑紋が不規則に並びます。

鰆の代表的なレシピ

照り焼き、塩焼き、蒸し物などがあります。特にゆずの香りと共に頂く祐庵焼や西京みそで作る西京漬などは代表的です。

また淡白な白身魚なので、洋風料理やエスニック料理など幅広く利用できます。

鰆のレシピを検索!又は さわらのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺