スポンサーリンク

車海老(くるまえび)

スポンサーリンク

車海老(くるまえび)

車海老(くるまえび)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

車海老の呼び名由来についてご存知ですか?

車海老は、十脚目クルマエビ科に分類されるエビの一種です。 インド太平洋沿岸の内湾砂泥底に生息する大型のエビで、重要な食料種でもあります。 車海老という名前は、江戸時代初期から見られ、語源は縞模様が体を丸く曲げると車輪の様に見えることからきれいます。 遊泳するときの脚の動きが、坂道を転ぶ 大八車の車輪の様に見えるからとする説もありますが、関係ないようです。 車海老は鞘巻にも似ていることから、別称として「サヤマキ」と呼ばれていました。 そこから「サエマキ」「サイマキ」と音変化し、小さな車えびをさすようになりました。

車海老の旬の時期

車海老の旬の時期は初夏から秋で、5,6月〜11月ごろまでの間です。

車海老の栄養成分

セレン、ビタミンB12が突出しています。
その他カリウム、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸、リン、銅などが含まれています。

車海老の効能

カリウムには、細胞内の酵素反応を調節する働きがあります。
エネルギーの代謝を円滑にし、細胞が正常に活動する環境作りをしています。

また、ナトリウムが肝臓で再吸収されるのを抑制し、血圧を下げる作用があるとされ、高血圧を予防する効果があると考えられています。

カリウムは比較的多くの食材に含まれますが、不足しがちのミネラルです。
それは、調理の段階で多くが失われています。

そして、食塩の摂取が多い場合もナトリウムとともに排出されてしまいますし、ストレスやアルコール、利尿剤の長期飲用、甘いものの食べすぎなどでも減らす原因になります。

車海老の形や色の特徴

形は細長い円筒形で、色は茶色と黒です。

車海老の代表的なレシピ

車海老の代表的なレシピは、塩焼きです。
ほかに、車海老とそら豆の豆腐あんかけ、車海老のハーブ焼きレモンソテー、車海老の塩蒸し、車海老のエビチリ、車海老とアサリの酒蒸しなどがあります。

車海老のレシピを検索!又は くるまえびのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺