スポンサーリンク

梶木鮪(かじきまぐろ)

スポンサーリンク

 

梶木鮪(かじきまぐろ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

梶木鮪の呼び名由来についてご存知ですか?

梶木鮪は高速回返性の大型の魚で生息域が広く、肉質がいい点でまぐろに似ているといわれています。その多くはまぐろを獲る延縄漁業で漁獲されることから「かじきまぐろ」と呼ばれるようになりました。 梶木鮪というのは俗称で、まぐろはサバ科でカジキはマカジキ科とメカジキ科に属しており、これはまぐろとは別種になります。

梶木鮪の旬の時期

梶木鮪の旬の時期は9月から12月となっています。秋から冬にかけてを旬の時期としています。

梶木鮪の栄養成分

カリウムやリンは他の魚と同様に豊富に含まれています。これらは生活習慣病の予防に役立つとされています。メカジキにはビタミンAが多く含まれ、これは「目のビタミン」とも言われていて、ロドプシンという欠かせない物質を作るのに重要な働きをもたらします。

ロドプシンは、皮膚の肌荒れから守る役目や、病原菌の侵入を防ぐ効果もあります。

梶木鮪の効能

梶木鮪にはビタミンDが一日の必要量以上に含まれており、これらは成長期の子供や骨粗しょう症の心配な高齢者におすすめとされています。

また、高血圧の予防や改善などに役立ちます。人間はタンパク質を自分では作り出せませんが、カジキはタンパク質が優れた栄養素といえます。人の体内では合成できない必須アミノ酸も含まれています。

タンパク質には、ナトリウムを体外へ排出する作用もあると考えられており、血圧の高い方には重要な成分といえます。

梶木鮪の形や色の特徴

特徴としては槍のように長く鋭い「吻」と呼ばれる武器を持っていて、これを使って敵をぶっ指すといわれています。

梶木鮪の代表的なレシピ

梶木鮪の代表的なレシピといえばステーキですが、レシピを調べてみるとソテーやフライなどさまざまなレシピがあります。

梶木鮪のレシピを検索!又は かじきまぐろのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺