スポンサーリンク

笠子(かさご)

スポンサーリンク

笠子(かさご)

"Sebastiscus marmoratus by OpenCage". Licensed under CC 表示-継承 2.5 via ウィキメディア・コモンズ.

笠子(かさご)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

笠子の呼び名由来についてご存知ですか?

江戸時代には勇ましい姿が武家に好まれ端午の節句に飾られた魚です。 頭が大きく笠をかぶっているように見える事から「笠子」と呼ばれるようになったといわれています。 日本の方言名には関西地方の「がしら」「がし」、鳥取県や島根県の「ぼっか」、島根県の「ぼっこう」、岡山県の「あかめばる」「あかちん」、徳島県の「ががね」、広島県や愛媛県などの「ほご」、宮崎県の「ががら」「ほご」、長崎県や熊本県や鹿児島県の「あらかぶ」「がらかぶ」「がぶ」などがあります。

笠子の旬の時期

笠子は一年中取れますが脂がのる1月〜4月が旬といわれています。

笠子の栄養成分

たんぱく質、脂質、炭水化物があります。

その他にレチノール、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、葉酸、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、亜鉛、カリウム、カルシウム、鉄、銅、マグネシウム、マンガン、リン、などがあります。

笠子の効能

たんぱく質はアミノ酸が数結合した化合物で糖質、脂質と並ぶ三大栄養素の一つです。エネルギー源としても働きます。人間の臓器や筋肉、皮膚、髪などの組織を構成しており人間の体の基礎をつくる重要な成分です。免疫力を高める効果、貧血を予防する効果、脳血管障害を予防する効果、高血圧を予防する効果、美肌効果、丈夫な骨をつくる効果があります。

笠子の形や色の特徴

赤色から褐色地に不規則な形状の薄色斑が見られます。全長は約25cm前後です。頭が比較的大きくてとげがあります。

笠子の代表的なレシピ

調理では、刺身をはじめ、鍋物や焼き物、から揚げ、汁物、煮魚、ブイヤベースなど、その用途の範囲は広いものとなっています。

笠子のレシピを検索!又は かさごのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺