スポンサーリンク

吉次(きちじ)

スポンサーリンク

 

吉次(きちじ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

吉次の呼び名由来についてご存知ですか?

吉次は太平洋側でとれる魚で日本海側では獲れないようです。 関東や北海道では「キンキ」と呼ばれています。 地方名は北海道ではキンキ、北海道南部と青森県ではキンキン、北海道東部ではメンメ、岩手県ではメイセン、茨城県ではアカジと呼ばれています。またアイヌ語ではフレソイです。

吉次の旬の時期

秋から冬にかけて産卵前のこの時期のものが特に脂がのりおいしいようです。

吉次の栄養成分

不飽和脂肪酸が含まれています。その中でもDHAやEPAが多く含まれています。

吉次の効能

不飽和脂肪酸は魚やオリーブオイルなどに多く含まれていて悪玉コレステロールの制御や過酸化脂質発生を予防する効果があるといわれています。動脈硬化・高血圧を予防する効果、アレルギー症状を緩和する効果、血栓症を予防する効果、アトピー性皮膚炎を改善する効果、記憶力や学習能力を高める効果、視機能を改善する効果があります。

DHAはドコサヘキサエン酸ともいいます。体内ではEPAからつくられ脳や神経組織の機能を高める働きがあります。DHAは脳内に入ることができ神経細胞を活性化させ記憶力や学習能力を向上させます。記憶力、判断力を向上する効果、アルツハイマー型認知症に対する効果、血流を改善する効果、視力を回復する効果、アレルギーを予防する効果、精神を安定させる効果があります。

EPAは青魚に豊富に含まれている必須脂肪酸です。生活習慣病の予防・改善効果、炎症を制御する効果、アレルギー症状を緩和する効果、感染症を予防する効果、精神を安定させる効果があります。

吉次の形や色の特徴

体は比較的細長くて赤いです。背びれの一部に大きい黒色の斑点があります。

吉次の代表的なレシピ

醤油や砂糖を加えた煮汁で煮たキンキの煮付けが一般的な食べ方です。

その他にも刺身、しゃぶしゃぶ、焼魚、干物、粕漬け、酒蒸し、鍋物、ムニエル、飯寿司などがあります。

吉次のレシピを検索!又は きちじのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺