スポンサーリンク

黄肌鮪(きはだまぐろ)

スポンサーリンク

黄肌鮪(きはだまぐろ)

"Fish4499 - Flickr - NOAA Photo Library" by SEFSC Pascagoula Laboratory; Collection of Brandi Noble, NOAA/NMFS/SEFSC. - NOAA Photo Library: fish4499. Licensed under Public domain via ウィキメディア・コモンズ.

黄肌鮪(きはだまぐろ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

黄肌鮪の呼び名由来についてご存知ですか?

黄肌鮪の由来は黄色いハタ、はたとはヒレと言う意味でヒレや体色が黄色い為にきはだまぐろと呼ばれています。 黄肌鮪は他の地方名としては、キワダ、ゲスナガ、マシビ、イトビ、キンヒレなどがあり若魚は各地でキメジなどと呼ばれています。

黄肌鮪の旬の時期

黄肌鮪の旬の時期は6月〜8月でこの時期になると脂が乗りくろまぐろに負けないくらい美味しくなります。

黄肌鮪の栄養成分

脂質がとても高くここにはDHA、EPAが沢山含まれており成人病なども防ぐことも出来ます、さらに鉄分やカルシウム、ビタミン類なども豊富に含まれています。

セレンには過酸化脂質の生成を防ぎ老化防止やガン予防に働き、タウリンがコレステロールを減らし肝機能を強化します。

赤身に多いとされる鉄分は貧血を予防します。

黄肌鮪の効能

まぐろのトロの部分に豊富なEPAは血中のコレステロールを抑え血液の流れを良くし、血栓の形成を抑えます、さらに動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞を防ぐ働きがあります。

まぐろのトロ以外のでも目の周囲に多く含まれる不飽和脂肪酸のDHAがコレステロールを減らすとともに脳細胞の成長を促進して脳を活性化させます。

黄肌鮪に含まれるビタミンDはカルシウムの骨への吸収を助けナイアシンは血行を促進します。

黄肌鮪の色や形や特徴

成魚は全長240cm体重は約200sに成長し、ミナミマグロやメバチマグロと並ぶ中型種です。

第二背鰭と尻鰭が黄色くなっていて成長につれて鎌状に伸長する点で他のまぐろ種と区別が付きます。

老成の固体ではこの二つの鰭が頭より長く糸状に伸び体色も黄色を帯びます。

黄肌鮪の代表的なレシピ

刺身がおいしいですが他にもレシピが沢山ありますので様々な料理が出来ます、例えば火を通す料理では竜田揚げやガーリックソテーなどがあります。

火を通さない料理ではまぐろ漬けや丼などがとてもおいしいと思います。

その他にもいろいろなレシピがあります。

黄肌鮪のレシピを検索!又は きはだまぐろのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺