スポンサーリンク

金目鯛(きんめだい)

スポンサーリンク

金目鯛(きんめだい)

"Splendid alfonsino ( Beryx splendens )" by NOAA's Fisheries Collection , SEFSC Pascagoula Laboratory; Collection of Brandi Noble, NOAA/NMFS/SEFSC - http://www.photolib.noaa.gov/htmls/fish4120.htm. Licensed under Public domain via ウィキメディア・コモンズ.

金目鯛(きんめだい)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

金目鯛の呼び名由来についてご存知ですか?

呼び名由来は東京での呼び名から来ていて目が金色であることからきんめだいになりました。 地方では呼び方が様々ありアカギ、アコウダイ、カゲキヨ、カタジアラ、キンメなどがあります。

きんめだいの栄養成分

きんめだいにはビタミンが多く含まれています、ビタミンB2には脳神経の働きを正常にする働きがあるほか精神的な疲労や筋肉の疲労を回復させる働きがあります。

きんめだいの効能

きんめだいにはマグネシウムやカルシウムなども含まれれておりこれらの成分は骨や歯に必要で筋肉の働きを助けたり神経の興奮を抑え体温や血圧を調整してくれます。

カリウムには体内にある余分なナトリウムを排泄する働きがあり血圧を正常に保つのに欠かせないミネラルであり体内環境を保つ働きがあります。

きんめだいの形や色の特徴

赤く鮮やかな色をしている事と目が大きいことが特徴で新鮮な場合は目が金色に輝いている事からきんめだいと呼ばれるようになりました。

大きさは成魚で体調が約35センチくらいで大きなものは50センチくらいまで成長しますが食べごろのサイズは30センチくらいです。

暖海に生息しており深海200メートル〜800メートル付近に生息しています。

きんめだいには微量の水銀が含まれていますので摂取量には注意が必要です。

きんめだいの代表的なレシピ

きんめだいは調理法が様々あり旬の時期以外にも多くの期間でも食べる事が出来ます。

刺身は程よく繊維質でとろりとしていながら食感がありますがとろけるようではありません。

火を通す料理としては煮付けなどもとてもおいしいと思いますが様々な調理方があり他にもソテーや塩焼きなどもあります。

きんめだいには微量の水銀が含まれていますので摂取量には注意が必要です。

金目鯛のレシピを検索!又は きんめだいのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺