スポンサーリンク

黒鰈(くろかれい)

スポンサーリンク

 

黒鰈(くろかれい)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

黒鰈の呼び名由来についてご存知ですか?

背びれに10〜11本、尻びれには7本の黒色状紋があり、体長は40センチほど。普通は沿岸域に生息していますが、稀に汽水域でも生息しています。 ヒレ等が黒いところから、真鰈と区別して「黒」が名前に付いています。クロガシラガレイと非常に似ており、実際市場では区別されていません。体がクロガシラガレイより低いこと、頭が小さいこと、側線の湾曲部が低いことなどで区別することは出来ますが、漁師や釣り人でも違いが分かる人はほとんどいないようです。 オカガレイ、クロガシラなどとも呼ばれ、クロガシラガレイと合わせて入荷されています。入荷量はまとまっているので値段は安定しており、比較的安く手に入れることが出来ます。

黒鰈の旬の時期

産卵期に入る3月下旬〜4月中旬が旬で、その時期の新鮮なものは刺身でも美味しく食べられます。

黒鰈の栄養成分

高タンパクで低脂肪の魚でビタミン群も豊富なため、ダイエットや病人食、離乳食にと幅広く利用されています。

黒鰈の効能

豊富なビタミンがストレス解消に効果的で、ヒレの付け根はエンガワとも呼ばれコラーゲンが豊富で美肌を作るのに大切な成分です。鰈の代表成分タウリンには生活習慣病の予防に効果があります。

黒鰈の色、形の特徴

両側のヒレに黒い斑点があり、有眼面は黒褐色。無眼面は青みがかった白になります。側線と呼ばれる尾ビレから頭部まで続く体中央の線が、比較的大きく曲がっていないのが特徴です。

黒鰈の美味しい食べ方

無眼側の面がなるべく白い、身の厚いものを選びましょう。本来白色であるべき面が黒ずんでいたり、黄色がかっているものは痛んでいる可能性があります。切り身の場合は透明感のあるものを。

白身が美味なので、刺身、寿司、煮付け、焼き物、揚げ物など幅広い料理に使うことが出来ます。日本では干物、特に一夜干しも好まれます。中華料理では唐揚げ、蒸し魚、煮魚などとして食べられています。

黒鰈のレシピを検索!又は くろかれいのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺