スポンサーリンク

黒眼仁奈(くろめじな)

スポンサーリンク

 

黒眼仁奈(くろめじな)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

黒眼仁奈の呼び名由来についてご存知ですか?

黒眼仁奈は、「眼が近い」という意味の「眼近魚」から転じてその名がつきました。寒メジナとも呼ばれることがあります。 呼び方は地方で異なり、関東などの釣りの世界では「オナガ(尾長)」、「オナガメジナ(尾長めじな)」、「オキメジナ(沖めじな)」と呼び、関西では「オナガグレ(尾長ぐれ)」と呼びます。愛媛県愛南町では「オキタカ」、その他にも「カマダキ」、「クルシチュー」、「クロコ」、「タカイオ」、「タカウオ」、「グレ」、「メジナ」といった呼び方があります。

黒眼仁奈の旬の時期

寒メジナとも言われるように冬の時期が旬とされています。

黒眼仁奈の栄養成分

黒眼仁奈には細胞内の酵素反応を調節する働きのあるカリウムが豊富に含まれています。その他にもリンやビタミンAも豊富に含まれていて栄養のある魚とされています。

黒眼仁奈の効能

黒眼仁奈には細胞内の酵素反応を調節し、エネルギー代謝を円滑にし、細胞が正常に活動する環境を作るためのカリウムが含まれています。また、ナトリウムが腎臓で再吸収されるのを抑制し、尿への排泄を促す働きもあり、血圧を下げる効果があるため、高血圧の人には効果が期待できます。

リンは、体内に多く含まれていて、85%程度のリンがカルシウムやマグネシウムと結合して骨や歯の主成分になります。残りの15%のリンの大部分はタンパク質や脂質、糖質などと結合して細胞膜のリン脂質としてDNAやRNA(遺伝情報物質)などの核酸の構成成分として、様々な細胞に存在しています。また、ATP(アデノシン三リン酸)という高エネルギーを発生する物質の構成成分でもあります。

ビタミンAは、目に必要不可欠であるロドプシンという物質を作る役割をしています。

黒眼仁奈の形や色の特徴

メジナによく似ているもののうろこに黒点がなく、尾柄部のくびれ尾が長いことが特徴とされます。

黒眼仁奈の代表的なレシピ

みそ漬けにして焼いたり、ムニエルや唐揚げにしても美味しく頂けます。また、旬の料理とも言われる鍋料理に用いても美味しいです。

黒眼仁奈のレシピを検索!又は くろめじなのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺