スポンサーリンク

睦五郎(むつごろう)

スポンサーリンク

睦五郎(むつごろう)

"Mutsugoroh0809" by ふうけ - 投稿者自身による作品. Licensed under Public domain via ウィキメディア・コモンズ.

睦五郎(むつごろう)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

睦五郎の呼び名由来についてご存知ですか?

睦五郎の名前は佐賀県で生まれました。ムツゴロ、ムツゴロウ、ムツゴロオ、というところから来ていて、「むつ」は「むつっこい」、「ごろう」はハゼを「ゴリ」というのと同じことで、意味としては「脂っこいハゼ」となります。

睦五郎の旬の時期

睦五郎の旬の時期は晩春から初夏の梅雨の時期とされていて、この時期になると脂がのっていて美味しく頂けます。

睦五郎の栄養成分

うなぎは、がんやアレルギー、血栓の形成を抑制する働きがあります。また、骨を丈夫にしたり、脳の働きを保つのを改善し、動脈硬化の予防にも役立ちます。

うなぎにはドコサヘキサエン酸(DHA)、エイコサペンタエン酸(EPA/IPA)、ビタミンD、E、カルシウムが含まれています。

睦五郎の効能

ドコサヘキサエン酸はアトピー性皮膚炎を緩和し、コレステロール減少、がんの発生の抑制に効果をもたらします。

また、エイコサペンタエン酸は、血栓の形成を抑制し、コレステロールの減少に役立ちます。その効果はDHAより優れているといわれています。

その他アレルギー、がん、高血圧、動脈硬化の予防にも役立つとされています。

カルシウムはイライラを緩和し、骨を丈夫にするとされていて、ビタミンDはカルシウムの吸収を補います。

ビタミンEは優れた抗酸化作用をもっていて、有害な過酸化脂質の発生を抑制し、細胞の老化を防ぎます。血行を改善するため、冷え性や肩こりの緩和にも効果的です。

睦五郎の形や色の特徴

睦五郎は鋭い歯をもち、吻と目は大きくなっています。

睦五郎の代表的なレシピ

蒲焼きは郷土料理として有名で、その他煮付け「や味噌汁にも用いられます。刺し身にする事も稀にありますが、一般的でないとされています。

睦五郎のレシピを検索!又は むつごろうのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺