スポンサーリンク

真狗尾魚(まえそ)

スポンサーリンク

 

真狗尾魚(まえそ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

真狗尾魚の呼び名由来についてご存知ですか?

エソという魚の漢字は狗母魚と書くことが多く、また魚偏に曾という漢字を使います。しかし、なぜこういう漢字を使っているのかは分かっていません。 昔から、エソという呼び名はあったそうですが実のところ語源も分かってはいません。ですが、文献などを見ていくとヘビだとかトカゲなどの連想が多かったそうです。

真狗尾魚の旬の時期

マエソは地方によっても違いますが、1月〜3月頃はあまり獲れなくて、暖かくなってきた時期から12月頃までが水揚げがあります。その中でも8月〜10月ごろに多く獲れるようです。

真狗尾魚の栄養成分

マエソは脂肪分が比較的少ない白身魚で、とても良質な動物性のたんぱく質をたくさん採ることができます。またナイアシンも多く含んでいます。

真狗尾魚の効能

マエソに多く含まれていますナイアシンとは、別名ビタミンB3のことです。
そのナイアシンによってコレステロールや中性脂肪の減少、消化器系の健康を促進、脂質や糖質の代謝の促進、血圧を下げる、二日酔いの元であるアセトアルデヒトを分解するなどの生活習慣病に該当する症状を改善する働きがあります。

真狗尾魚の形や色の特徴

マエソの特徴は頭の部分の前方のほうに偏った目、鋭い歯と大きい口、円筒形である体型上面が褐色で、下面が白色の体色です。

真狗尾魚の代表的なレシピ

マエソは中骨が2層にわたって発達していますので、普通に三枚におろしたとしても小骨を取り除く必要があります。またその小骨がけっこう太くしっかりしているため、ハモなどのように骨切りにするというわけにもいかないです。
そういうことからして、一般の家庭では食事をされることはほとんどなく、漁獲されたもののほとんどが、すり身をする業者が買い入れまして、それをすり身にしてかまぼこなどの練り食品の材料に加工されています。そのエソのすり身を使って作られました、かまぼこはとてもおいしいということで知られています。

真狗尾魚のレシピを検索!又は まえそのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺