スポンサーリンク

真河豚(まふぐ)

スポンサーリンク

 

真河豚(まふぐ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

真河豚の呼び名由来についてご存知ですか?

真河豚は怒ると腹がふくれるため、河豚という名前がつきました。その他に漢字で河豚と書くのは、河豚の腹を膨らませる模様が豚に似ているからという由来もあります。肝臓や卵巣をはじめ、皮や腸にもとても強い毒をもっているため、一般人の人が調理することは危ないといわれています。そのため食用とする種として真河豚が有名になりましたが、食べれる河豚が真の河豚だという説から真河豚という名前がついたといわれています。

真河豚の旬の時期

真河豚はワンシーズンにとらわれることなく召し上がることができます。特に美味しく食べれる時期は2月から4月で、フグ類の中でも最も美味で価格も高いです。

真河豚の栄養成分

真河豚は認知症予防に適している魚です。DHAとEPAは体内で合成することのできない栄養素で、DHAとEPAを積極的に摂取している人のほうが高い認知機能をキープしているといわれています。その他にエネルギー、たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミンA、E、D、K、B1、カリウム、カルシウムなどをバランスよく含まれています。

真河豚の効能

DHAにより認知症予防の効果があります。DHAには血液中のコレステロールを下げたり、中性脂肪を下げる働きがあるため、生活習慣病といわれる脳卒中、動脈硬化などのリスクを軽減することができます。ほかには視力のアップ、アレルギー反応の仰制、アトピーの改善にも効果的といわれています。

真河豚の形や色の特徴

真河豚の体長は40センチほどで、背面の体色は褐色で、しりびれが黄色を帯びています。背びれは12から17軟条、しりびれは11から15軟条あります。

真河豚の代表的なレシピ

真河豚の代表的なレシピをみると、有名な刺身や鍋物、唐揚げといったレシピがあります。真河豚の身を薄く切り、お好みの大きさに切り分けます。唐揚げのタレにつけた真河豚の身を小麦粉、片栗粉をつけます。180度の油で揚げます。約3分ほどで油に浮いてくるのでからっと揚げたのを確認してから油から上げてください。油をしっかり切ってから皿に盛り付ければ完成です。

真河豚のレシピを検索!又は まふぐのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺