スポンサーリンク

真羽太(まはた)

スポンサーリンク

 

真羽太(まはた)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

真羽太の呼び名由来についてご存知ですか?

ハタという魚は江戸時代の前期の本朝食鑑にハタシロという魚の名前で始めて登場します。魚紋は白と黒を相畳み、ちょうど白黒に分けて染めた旗のようであるということから呼ばれるようになりました。

真羽太の旬の時期

マハタはどちらかといえば、夏に市場を彩っています魚ですけど通年にわたって水揚げはあるようです。旬の時期も一概には言えませんが、夏場では焼き物や刺身などがおいしく、釣りをしていても良く獲れるので夏場が旬ともいえますが、冬場のさらに脂がのっている鍋も格別においしいです。ちなみに、産卵期は3月から5月頃です。

真羽太の栄養成分

マハタには、たんぱく質や脂質、ビタミンA、ミネラルなどが多く含まれています。
今ではタイなどに代わって高級な養殖魚として注目されています。

真羽太の効能

マハタの中に多く含まれているたんぱく質とは、三大栄養素のひとつでもあり、生きていくなかでとても重要な栄養素のひとつです。人の体重の約5分の1をたんぱく質がしめており、筋肉や血液などの体をつくっていく主要な成分であり、さらに酵素など、生命の維持には欠かせない多くの成分になります。さらに、エネルギー源として、たんぱく質は使われることもあります。

真羽太の形や色の特徴

若魚のころには7〜8本くらいの黒い横帯がありますが成長とともに消えてしまいます。うろこがとても細かいので体は滑らかです。歯はとがっていて、後鼻孔はとても大きいです。
また、マハタは雌性先塾です。雌性先塾というものは、生まれたときがメスで大人になりますとオスに変わるというものです。

真羽太の代表的レシピ

マハタは透明感がありまして白身でとてもしまっていて硬いので、薄造りなどにするのがおいしいです。また粗などからおいしいだしが出ますので、汁物や鍋料理に向いており、また焼いても煮てもおいしいです。

真羽太のレシピを検索!又は まはたのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺