スポンサーリンク

目撥鮪(めばちまぐろ)

スポンサーリンク

目撥鮪(めばちまぐろ)

"Bigeye tuna close up" by Allen Shimada, NOAA NMFS OST - http://www.photolib.noaa.gov/htmls/fish2641.htm. Licensed under Public domain via ウィキメディア・コモンズ.

目撥鮪(めばちまぐろ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

目撥鮪の呼び名由来についてご存知ですか?

目撥鮪は他のマグロと比べて目が大きくぱっちりしていて暗く深い場所を泳いでいるので目が見えるように目が大きく進化したのではないかと言われており、メパチ→メバチと呼ばれるようになりました。 日本語ではメバチマグロ、バチマグロなどと呼ばれていますが地方名ではバチ、メブトなどがあり若魚はダルマなどとも呼ばれています。

目撥鮪の旬の時期

目撥鮪はくろまぐろと比べて庶民的なまぐろです。

旬の時期は2つあり4月〜5月にかけての旬と9月〜2月にかけてが旬と言われています。

目撥鮪の栄養成分

DHA・EPAが豊富に含まれており、視力改善やダイエット効果に期待が出来ます。

赤身はタンパク質がとても多く生鮮食品の中でも極めて含有率が高くDHAは青魚の中でもトップクラスです。

目撥鮪の効能

目撥鮪はDHAやEPAをたくさん含んでいるので中性脂肪を低下させたり、善玉コレステロールを増やす効果があります。

血圧を低下させたり肝臓病を防ぐ効果や総コレステロールを低くする作用があります。

目撥鮪の形や色の特徴

目撥鮪の成魚は大形になると約2メートル前後になり他のまぐろと比べて目がとても大きく外見を見ただけですぐにわかると思います、目撥鮪の体系は他のまぐろよりも体高が高く少し平たくなっていて獲物を早く捕えたり危険を回避するために紡錘形の形をしています。

深く暗い場所に住んでいるため目が大きく発達している。

めばちまぐろは他のまぐろと比べてトロの部分が少ないですが赤身はとてもおいしいです。

目撥鮪の代表的なレシピ

目撥鮪は比較的庶民的なまぐろでめばちまぐろ丼やめばちまぐろのソテーなどもおいしいと思います。

まぐろ料理に多いレシピは刺身やステーキなども多いですがやはりめばちまぐろは刺身や丼が一番おいしく赤身は絶品です。

目撥鮪のレシピを検索!又は めばちまぐろのレシピを検索!

 

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺