スポンサーリンク

眼張 (めばる)

スポンサーリンク

眼張 (めばる)

"Sebastes Inermis". Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

眼張 (めばる)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

眼張 の呼び名由来についてご存知ですか?

眼張の名前の由来は目が大きく開いており、見張っているというところから付けられました。
住んでいる場所によって、メバルの体の色が違いまして、灰褐色のメバルをキンメバル、灰赤色のメバルをアカメバル、黒灰色のメバルをクロメバルと呼びますが、どちらも同じ種類です。

眼張の旬の時期

春ごろから旬を迎えることから、春告魚として有名です。

眼張の栄養成分

眼張という魚は、白身魚で豊富に良質なたんぱく質を含んでいます。またビタミンB12やビタミンDやビタミンE、リンが多く含まれています。

眼張の効能

眼張の中に多く含まれるカリウムは、細胞の中の酵素反応を調節するという働きがあります。エネルギーの新陳代謝を円滑にして、細胞が正常に働いてくれる環境づくりをします。また、ナトリウムが腎臓にて再吸収をされるのを抑えて、尿への排泄を助ける働きがあるというところから、血圧を下げる効果がありまして、よって、高血圧を予防することが期待されます。

メバルの中にリンも多く含まれており、リンはマグネシウムやカルシウムと結合をしまして歯や骨の主成分となります。カルシウムは歯や骨を丈夫にするという働きをします。
メバルの中に含まれています脂質にはDHAやEPAなどの高度不飽和脂質酸がとても多く含まれております。これらの高度不飽和脂肪酸には中性脂肪や悪玉コレステロールを減らしまして、逆に善玉コレステロールを増やす働きがありますので、動脈硬化の改善や予防、高血圧や脳卒中などの生活習慣病から守ってくれる働きがあります。

眼張の形や色の特徴

下のあごが突き出ていて受け口となっていまして、頭の部分には大小のいろいろなトゲがあり、大きいものは30cmくらいになります。メバルの名前の由来となっていますように体に対して目がパッチリとしておりとても大きいです。

眼張の代表的なレシピ

眼張は煮つけで食べるとおいしいでしょう。

眼張 のレシピを検索!又は めばるのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺