スポンサーリンク

眼仁奈(めじな)

スポンサーリンク

 

眼仁奈(めじな)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

眼仁奈の呼び名由来についてご存知ですか?

眼仁奈の名前の由来は、目から口が近いというところからきたそうです。 しかし、地方で呼び名が違い、伊豆ではクシロ、クチブト、北陸ではヒコヤ、チカイ、丹後ではツカヤ、舞鶴や山口では、クロヤ、関西ではクチブト、グレ、ブレ、山陰ではクロアイ、岡山ではクロ、枕崎ではクレウオ、下関や九州各地ではクロ、鹿児島ではシツオやクロメダイなどいろいろな呼び方があります。

眼仁奈の旬の時期

いつでも取れる魚で、夏場でも釣りをする人の人気は高いです。メジナの産卵の時期が春先から初夏の間で産卵を控えている晩秋から冬にかけてが脂がのっていておいしいので旬といえるでしょう。メジナは夏場は磯の香りが強く出ますので、やはり晩秋から冬にかけてのほうが香りが穏やかで食べやすいです。

眼仁奈の栄養成分

比較的に脂肪が少なく、良質なたんぱく質の食材です。またビタミンB12やビタミンB2なども含まれています。

眼仁奈の効能

比較的に多く含まれていますカリウムには、細胞の中の酸素の反応を調節するような働きがあります。エネルギーの代謝を円滑にしまして、正常に細胞が活動をしていく環境を作ります。ほかに、ナトリウムが賢臓で再び吸収するのを抑えてくれて、尿への排泄を促進する働きをすることから血圧を下げる効果があり、高血圧の予防にもなります。
メジナには、りんも多く含まれており全体重の中の約1%くらい含まれています。そのなかの85%くらいがマグネシウムとカルシウムと結合しまして、歯や骨の主成分となります。

眼仁奈の形や色の特徴

全長は45cmほどの大きさで、口も頭も小さく全身は淡い青黒色で腹側は淡色で目の色は澄んだ青色をしています。

眼仁奈の代表的なレシピ

冬の季節ではメジナのことを寒メジナといいまして、脂がのっており刺身で食べるのがとてもおいしいです。また、煮物にするのも良いいでしょう。

眼仁奈のレシピを検索!又は めじなのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺