スポンサーリンク

目抜(めぬけ)

スポンサーリンク

目抜(めぬけ)

目抜(めぬけ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

目抜の呼び名由来についてご存知ですか?

目抜の名前の由来は、深海性の大型メバル類に共通して用いられる呼び名で、水深200メートルから1000メートルの深い海に生息するため、目抜を釣り上げられたときに、水圧の急変に耐えることができず大きな目が飛び出ることから「目が抜け出る」という意味で目抜という名前がつけられました。

目抜の旬の時期

目抜の旬の時期はワンシーズンにくくられてはいませんが、10月から4月の目抜は脂の乗りが非常によく、美味しく食べることができます。

目抜の栄養成分

目抜は疲労回復や睡眠調整に適している魚です。
ビタミンB12、ビタミンB12の吸収を高める脂質、たんぱく質、炭水化物、ビタミンC、カリウム、ヨウ素、リジンなども目抜にバランスよく含まれています。またビタミンB12は野菜や果物には含まれないビタミンで、目抜などの海水魚から摂取するといいといわれています。

目抜の効能

ビタミンB12により、赤血球を生成するため、悪性貧血を改善することができるため、貧血予防に繋げる効果があります。
また疲労回復や睡眠調整、ビタミンB12に抹消神経を修復する機能があるため、腰痛や肩こりにも有効で、健康維持に欠かせません。また葉酸、ビタミンB6と同時に摂取すれば、肝臓内のホモシステインを抑え、動脈のつまり予防にも有効であると注目されています。

目抜の形や色の特徴

体は金色を帯びた赤色で、体は楕円形です。目抜は口の中が黒く、背鰭の中央付近の縁に黒斑を持つのが特徴といわれています。
目抜は体長40センチから60センチ以上にもなるため、旬の時期になると大きな目抜を底曳網や釣りで漁獲することができますが、水揚量はきわめて少ないです。

目抜の代表的なレシピ

目抜は最高級魚として挙げられています。刺身や煮物、粕漬け、鍋などで美味しくいただくことができます。
煮物は野菜と一緒に煮付けるとより一層美味しくいただくことができます。ごぼうや長ねぎ、生椎茸、生姜をいれて、味付けはしょう油とみりん、砂糖、日本酒を使って味付けをすれば絶好品の完成です。

目抜のレシピを検索!又は めぬけのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺