スポンサーリンク

?(むつ)

スポンサーリンク

?(むつ)

?(むつ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

?の呼び名由来についてご存知ですか?

ムツの名前の由来は脂っこいことをむつこい、むっつこい、むっちりなどというのが由来で脂ののっている魚という意味。 ほかにも地方名があり仙台ではロクノウオと呼ばれており、それは領主の陸奥守に遠慮しましてムツを6に置き換えて呼ばれるようにまりました。 そのほかの地方名は、神奈川ではムツメ、富山ではオキムツやカラズ、高知ではモツ、福岡ではクジラトオシ、長崎ではメバリ鹿児島ではムツゴロウ、沖縄ではクルマチ、幼魚はアカムツ、そのほかにも、キンムツやギンムツ、ツノクチなどたくさんの地方名があります。

?の旬の時期

産卵をするために100メートルくらいの浅瀬に集まるころが釣りをするシーズンでいわゆる寒ムツと呼ばれています寒中から2月くらいの時期が旬です。
身に脂がのって、少し甘味を感じさせてくれます。
特に産卵期を控えている1月〜4月のころの卵巣はムツゴとも呼ばれていまして珍獣されています。

?の栄養成分

ムツは白身魚ですので低カロリーで高たんぱくでミネラルやビタミンをバランスよく持っています。

?の効能

効能としましては、血栓を予防して血中の中にあるコレステロールを下げる働きをするDHA多く含み、さらに、カルシウムの吸収を助ける働きをするビタミンDをたくさん含みますので、骨粗しょう症や生活習慣病の予防をする効果があります。
カリウムも含まれており、体の中のたくさんありすぎるナトリウムを排泄を促してくれたり血圧のバランスを調整してくれたりをする働きがあります。

?の形や色の特徴

体の形は整った紡錘形で目がとても大きく、鋭くとがった歯があります。背びれは二つに分かれていまして、尾びれですが正形で、二叉状になっています。

?の代表的なレシピ

ムツはやはり塩焼きが良いでしょう。ムツの身はやわらかくて、焼いてもふかふかとしていてとてもおいしいです。

?のレシピを検索!又は むつのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺