スポンサーリンク

北方(ほっけ)

スポンサーリンク

"Pleurogrammus azonus". Licensed under CC 表示-継承 2.5 via ウィキメディア・コモンズ.

北方(ほっけ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

北方の呼び名由来についてご存知ですか?

北方は元々、「ネズミサカナ」、「囚人魚」と呼ばれ、不味い魚の代名詞となっていた時代がありました。また蝦夷地開拓時代に法華経を説いたお坊さんが、ホッケの美味さを広げたことに由来します。また北方の違う漢字の表し方で、魚へんに花という漢字のつくりから「北の花」、「ほくか」、「ほっけ」という呼び方になったという説もあります。この魚へんに花と書いた漢字は日本で作られた国字で、幼魚の体色が美しい青緑色をしており、群れで泳ぐと花のように見えることに由来するといわれています。

北方の栄養成分

北方はインフルエンザ予防、生活習慣病予防、ガン予防に適している魚です。ビタミンDを多く含んでいます。ビタミンDはカルシウムの吸収を促す栄養素として有名で、骨粗しょう症の予防にもつながります。その他の栄養成分にはカリウム、タンパク質、リン、ナトリウム、ビタミンAなどを多く含んでいます。

北方の効能

日頃からビタミンDを多く摂っている人のほとんどがガン発症の危険度が低いという報告が寄せられています。またビタミンDを多く摂っている人ほど高血圧や心疾患、脳卒中、糖尿病などのさまざまな生活習慣病にかかりにくく、認知症やうつの予防にも有効であるという報告が国内外でも多く寄せられています。さらにビタミンDがインフルエンザなどの感染症の予防や、アトピー性皮膚炎の改善などに有効に作用することが、実験によって立証されています。

北方の形や色の特徴

北方の色は青緑色をしていますが、成長につれて海底付近に住むようになり、体色は褐色を帯びます。全長約60センチで背びれが長いことが特徴です。

北方の代表的なレシピ

北方の代表的なレシピを調べていくと干物や塩焼き、バター焼き、蒲焼、煮付け、フライなどたくさんのレシピがあります。その中でも塩焼きにして食べると美味しく召し上がることができます。フライパンに油をひき、片目ずつ焼き、焦げ目がついたら裏に返し、4分から5分焼いた後に器に盛り付け、大根おろしを添えてポン酢をかけると出来上がりです。

北方のレシピを検索!又は ほっけのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺