スポンサーリンク

沖眼張(おきめばる)

スポンサーリンク

沖眼張(おきめばる)

"Sebastes Inermis". Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

沖眼張(おきめばる)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

沖眼張の呼び名由来についてご存知ですか?

もともとメバルは一種類として知られていました。体色が黒色、赤茶色と棲む場所によって異なり、「赤メバル」、「黒メバル」、「金メバル」などと呼ばれていました。しかし最近の研究で、その多彩型は三種とわかりました。 島根県では、生息水深の違いから沿岸域に生息しているものを灘メバルといい、やや沖合域に生息するウスメバルやトゴットメバルを沖メバルと呼ぶようになりました。 そのため防波堤での魚釣りでは、沖メバルを見ることはできません。 水揚げにいいとされているのは、青森県、北海道、新潟県です。

沖眼張の旬の時期

沖眼張は春から夏にかけて旬といわれており、美味しく頂けます。

沖眼張の栄養成分

沖眼張には良質なたんぱく質や脂質、ミネラルなど必要不可欠な成分が豊富に含まれています。

煮付けをした際の煮汁には、コラーゲンもたっぷり含まれているので、飲み干すことが大切です。

沖眼張の効能

ミネラルは、骨や歯の構成成分として重要で、有機物と結合して体の組織を作るのに必要となってきます。また、体の調節機能に働き、尿や汗から排泄されます。

たんぱく質は英名でプロテインと呼ばれ、身体を作っていく上で必要不可欠となります。

反対に不足してしまうと、体力低下や病気になった際の抵抗力の低下、記憶力低下などの原因になります。

脂質は、神経組織などの構成成分として重要となります。

沖眼張の色や形の特徴

背中の安褐色のまだら模様が角張って不定形なところが特徴です。

沖眼張の代表的なレシピ

沖眼張の料理として挙げられるものが、刺身、塩焼き、照り焼き、煮付け、唐揚げなどです。中でも煮付けはもう一度食べたいと思うことが多いようです。しかし、荷崩れしやすいといった難しい点もあるので、きれいに調理するのは大変なようです。

沖眼張のレシピを検索!又は おきめばるのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺