スポンサーリンク

牡蠣(かき)

スポンサーリンク

牡蠣(かき)

牡蠣(かき)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 60(kl) 6.6(g) 1.4(g) 4.7(g) 88(mg)
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 23(μg) 0.04(mg) 0.14(mg) 3(mg) 1.9(g) 0(mg)

牡蠣(かき)の栄養と効用

牡蠣 (かき) は、海の幸の中でも「海のミルク」と呼ばれており、ミネラルなどの栄養が豊富な食材です。グリコーゲン (糖質の一種) やタウリン (アミノ酸の一種) 、亜鉛などが含まれています。タンパク質の合成には亜鉛は必要不可欠な栄養素で、お肌トラブルや脱毛防止などの効果があるとされています。タウリンは、肝機能を正常化して、肝細胞の再生を促します。グリコーゲンは、体内でエネルギーに変化する働きがあります。
牡蠣 (かき) の旬の時期は、12月〜1月頃です。
牡蠣 (かき)は、フライ・天ぷらにして食べるのがオススメです。とくに、酢やかんきつ類の果汁をかけると、鉄分・亜鉛などのミネラル成分の吸収をさらに高めてくれます。

牡蠣のレシピを検索!又は かきのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺