スポンサーリンク

黒鮪(くろまぐろ)

スポンサーリンク

黒鮪()

"Pacific bluefin tuna" by aes256 - http://photozou.jp/photo/photo_only/296250/118149451. Licensed under CC-BY-2.1-jp via ウィキメディア・コモンズ.

黒鮪(くろまぐろ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

黒鮪の呼び名由来にについてご存知ですか?

マグロは目が大きく黒い魚である事から目黒=まぐろに由来する説があります保存する事が難しく常温で保管するとすぐに黒くなってしまうことから、まっくろ→まくろ→まぐろと呼ばれる説もあります。 マグロ属の中の1種類に値するクロマグロのみを指してマグロと呼ぶことも少なくはありません。マグロ属の中の1種類に値するクロマグロのみを指してマグロと呼ぶことも少なくはありません。 黒鮪はとても高級な魚で海のダイヤモンドと言う異名のごとく最高級の魚です。

黒鮪の旬の時期

黒鮪の旬の時期は7月〜8月ですが大きさや個体によって様々です。

黒鮪の栄養成分

黒鮪の赤身にはタンパク質が豊富で栄養素が集中しています。

トロには脂質が多く含まれており、動脈硬化を防ぐEPA(エイコサペンタエン酸)やビタミンA・D・Eが赤身より沢山含まれています。

黒鮪の効能

黒鮪は脳の機能を高め、記憶能力の向上や痴保症の予防にもなりD・H・A(ドコサヘキサエン酸)の量が魚の中でもトップです。EPAやDHAなどの脂肪酸は、動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病などの生活習慣病の予防効果があると言われています。

黒鮪の特徴

体色は背中の方が濃紺で体側から腹部にかけては銀灰色をしていて背鰭は二つとも灰色ですが第二背鰭先端とその後に続く子離鰭は黄色になっている。

黒鮪の稚魚は卵黄を吸収し小動物を捕食し成長しますが餌がない場合は共食いをして成長し約3週間で3センチほどに成長します。

成魚は大型になり黒鮪はまぐろの中でも最も大きく成長する種類で大きいものになると体長3m、体重は400sまで成長するものまでいますがは寿命や成長スピードなどの正確な根拠などもなく謎が多い魚とも言われています。

黒鮪の代表的なレシピ

黒鮪の代表的なレシピは刺身や寿司ですが他にも揚げ物やステーキなどがあり様々な料理が出来きほとんどの部位を食べる事が出来ます。

黒鮪のレシピを検索!又は のレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺