スポンサーリンク

鰊(にしん)

スポンサーリンク

鰊(にしん)

"Clupea pallasii by OpenCage". Licensed under CC 表示-継承 2.5 via ウィキメディア・コモンズ.

鰊(にしん)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

鰊の呼び名由来についてご存知ですか?

鰊の語源は、身を二つに裂いて食用にすることから「二身」の説が有力です。 同様の説では、二つに身を割ることから「妊娠」を語源とする説もあります。 一説には、両親が揃っている者は必ず食べなければならない魚だったため、「両親」つまり「二親」からにしんになったとも言われています。 日本海沿岸で獲れる魚を西の海の魚といい、東北地方の訛りで、「ニシンウミ」となり「ニシン」になったという説もあります。

鰊の旬の時期

春を運んでくるのがニシンの群来(くき)で、かつて3-5月の北海道周辺にはニシンが産卵のために沿岸へ寄ります。
この時期がニシン漁の本番です。

鰊の栄養成分と効能

ビタミン類を多く含んでいます。レチノールは、風邪をひきやすい、肌荒れ、薄暗い所でものが見えるまでに時間がかかるなど、そんな症状に効果的に働きます。
ビタミンB12は、神経系を正常にするのと食欲不振を改善します。
ビタミンDは、骨粗鬆症予防に必要なビタミンで、不足すると骨軟化症になりやすくなります。
身欠きにしんは、にしんを2枚におろして素乾燥させたものですが、IPAやDHA、亜鉛を多く含んでいます。DHAは、頭の働きや記憶力を良くする作用があります。EPAも血中のコレステロールを低下させ、血液の流れを良くする働きがあります。
卵巣の塩かずのこは、コレステロールが多いので高コレステロール血症の人は控えめにとりましょう。

鰊の形や色の特徴

背側は青黒色、腹側は銀白色です。体長は1年で15センチ、5年で30センチになり、寿命が18日に達するものもあります。

鰊の代表的なレシピ

産卵期の春から初夏にかけて多くの脂がのります。身を塩焼き、フライ、マリネにするほか、身欠きニシンや燻製、コンブで巻いて煮詰めた「昆布巻き」などの加工品とされます。
シュールストレミング、身欠きをニシンに入れたにしんそば、オランダなどでは割と一般的なニシンサンド、数の子などです。

鰊のレシピを検索!又は にしんのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺