スポンサーリンク

秋刀魚(さんま)

スポンサーリンク

Sanma01」。Wikipedia で発表。

秋刀魚(さんま)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

秋刀魚の呼び名由来についてご存知ですか?

種小名「saira」は日本語での一古称であり紀伊半島の方言名でもある「サイラ」に由来しています。 さんまの名称は有力説が2つあります。 「さ(狭)」に起源があるとして細長い魚を意する古称「サマナ(狭真魚)」が「サマ」--「サンマ」と変化したとする説が一つ、 大群をなして泳ぐ修正を持つことから大きな群れを意する「さわ(沢)」と、魚を意する「マ」からなる「サワンマ」が語源となったという説が一つです。

秋刀魚の旬の時期

秋刀魚といえば秋です。
脂がのっていて美味しいのは北の海から南下をし始める秋で、銚子沖に降りてきた頃が、最も脂が乗っていて味が良いです。
南下していくにつれ、脂が抜けていきます。夏のさんまは味に定評はありません。
8月北海道根室沖で操業が開始されるころのさんまの脂肪は約10%、10〜11月の終漁期となる銚子沖で20%くらい、産卵後は5%と激減しています。

秋刀魚の栄養成分・効能

秋刀魚は、DHAを多く含んでいます。DHAは頭が良くなると言われていますが、特に脳細胞の活性化や目の網膜活性化に効果があると言われています。
また、悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きもあります。
EPAは、動脈硬化を防ぎ、抗血栓、コレステロールの低下などの作用による脳血栓の予防の予防や改善に効果があるとのことで、多く含まれています。
鉄分などミネラルが豊富で、ビタミン12も豊富に含まれています。

秋刀魚の形や色の特徴

35センチ前後になります。頭が小さく、細長いです。口はややくちばし状になり、尾鰭、背鰭が後方にあります。

秋刀魚の代表的なレシピ

選び方のポイントは、一般的に太っていて下顎の先端や尾ひれの付け根あたりが黄色くなってるものが脂が乗っていて美味しいと言われています。
さんまは消化器官が短いため、餌を食べてから排出する間での時間が30分ほどしかなく、腹の中に不純物をほとんどためてないため、塩焼きでは内臓を食べられます。
揚げ物や洋風に、ニンニクを利かせたオリーブオイルで表面を香ばしく焼き上げてトマト缶を加えて軽く煮込んだりするのもまたおいしい食べ方です。

秋刀魚のレシピを検索!又は さんまのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺