スポンサーリンク

タラバ蟹(たらばがに)

スポンサーリンク

タラバ蟹(たらばがに)

KingCrab」。Wikipedia で発表。

タラバ蟹(たらばがに)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

タラバ蟹の呼び名由来についてご存知ですか?

タラのよくとれる魚場に生息しているため鱈場蟹(タラバ蟹)と呼ばれるようになったといわれています。 生物学上はヤドカリの仲間です。

タラバ蟹の旬の時期

北海道でとれるタラバ蟹の旬の時期は4月〜5月にかけてです。
身の入りだけに注目するとタラバ蟹の脱皮の時期の後を過ぎて殻が硬くなる11月〜2月にかけてが旬です。
また9月〜10月にかけてのタラバ蟹も味に深みがでて美味しいです。

タラバ蟹の栄養成分

タラバ蟹に多く含まれている栄養素はアスタキサンチンです。後タウリンも多く含まれています。

その他にもたんぱく質、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、バントテン酸、ビオチン、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデンが含まれています。

タラバ蟹の効能

アスタキサンチンは強力な抗酸化力を持つ赤色の天然色素です。栄養に届きにくいところまで入り込むことができるため目の奥や脳までしっかり届きます。眼精疲労を改善する効果、眼疾患膜炎の予防効果、強力な抗酸化作用、動脈硬化・メタボリックシンドロームの予防効果、筋肉の疲労を軽減する効果、美白・美肌効果があります。

タウリンはアミノ酸の一種で主に魚介類に多く含まれている成分です。肝機能を高める効果、動脈硬化を予防する効果、高血圧を予防する効果、視機能を改善する効果、むくみを予防・改善する効果、便秘を解消する効果があります。

タラバ蟹の形や色の特徴

体は赤い色をしています。体中にとげとげがあります。
大きいものでは1メートル以上(足を広げた状態)にもなります。

タラバ蟹の代表的なレシピ

塩茹でや蒸し蟹として食べられることが多いです。

日本では刺身として食べられることもあります。

タラバ蟹のレシピを検索!又は たらばがにのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺