スポンサーリンク

桜えび(さくらえび)

スポンサーリンク

桜えび(さくらえび)

"Sergia lucens by OpenCage" by Picasa. Licensed under CC 表示-継承 2.5 via ウィキメディア・コモンズ.

桜えび(さくらえび)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

桜えびの呼び名由来についてご存知ですか?

桜えびという名前を誰がいつ頃つけたかははっきり分かっていません。 「干し桜えびの色が桜花を撒いたように美しい。」 「春の時期に獲れるから」 「桜の色に由来している」 「体は透明だが、甲に赤い色素を多く保持し、生体は透き通ったピンク色に見えるため「桜えび」と呼ばれるようになった」 などの説があります。 しかし、漁法が発見される前から「さくらえび」という名前が文献にあることから、その名前は駿河湾沿岸でも昔から使われていたようです。

桜えびの旬の時期

桜えびの旬は1年を通じて春(3月下旬〜6月下旬)と秋(10月下旬〜12月下旬)になります。

桜えびの栄養成分

桜えびの栄養成分はカルシウム・ミネラルが豊富です。
桜えびは健康食として取り上げられることもあります。

ほかには
・カリウム
・たんぱく質
・ビタミンB2
・ビタミンE
・リン
・亜鉛
・鉄
・葉酸
・ナトリウム などが含まれています。

桜えびの効能

桜えびに含まれるカルシウムの漁はとても多いので、ともに含まれるマグネシウムも骨の強化に貢献します。

腰痛や骨粗しょう症に効果があります。

さらに、タウリン、チキン、アスタキサンチン、ビタミンEも豊富に含まれているので動脈硬化や高血圧などの生活習慣病やガンにもかなり有効です。

桜えびの形や色の特徴

色はピンク色で、形は小さくて4~5cmです。

桜えびの代表的なレシピ

桜えびの代表的なレシピは、かき揚げです。
桜えびはどんな料理にも使う事が出来るため、バリエーションが豊富です。

「ピーマンと桜えびの炒め物」「桜えびのおにぎり」「桜えびと枝豆のおつまみ」「もやしと桜えびのスープ」「桜えびときゅうりの酢のもの」など、たくさんのレシピがあります。

桜えびのレシピを検索!又は さくらえびのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺