スポンサーリンク

海老(えび)

スポンサーリンク

海老(えび)

海老(えび)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 83(kl) 18.7(g) 0.4(g) 0.1(g) 56(mg)
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 6(μg) 0.02(mg) 0.06(mg) 2(mg) 1(g) 0(mg)

海老(えび)の栄養と効用

海老 (えび) は、節足動物の総称で、体型は左右対称で全体的に細長い体型で、頭部はやや硬い甲皮で覆われています。おもに淡水の海に生息しており、食用とされる海老(えび)には、伊勢海老・車海老などがあります。その種類によって、大きさは異なり、もっとも大きなものは伊勢海老です。
食用される海老 (えび) の中でもっとも小さいものは、桜海老で、静岡県の駿河湾で多くみられます。
海老 (えび) のほとんどの種類は、高タンパク質で、コレステロールが高いと言われていますが、コレステロールを排出を促進する作用を持つキチンやタウリンなどの成分が含まれているので、それほど心配いりません。キチンは、殻や尾に含まれており、高血圧や動脈硬化の予防にもよいとされています。

海老のレシピを検索!又は えびのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺