スポンサーリンク

柊(ひいらぎ)

スポンサーリンク

柊(ひいらぎ)

"Nuchequula nuchalis(Leiognathidae)" by Show_ryu - 投稿者自身による作品. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

柊(ひいらぎ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

柊の呼び名由来についてご存知ですか?

柊の呼び名由来は、長崎の呼び名で植物であるヒイラギに似ていて棘がある事からひいらぎになりヒイラ「ひひらく」と言う古語からきてひりひり痛むという意味で棘が鋭く刺すと痛むことからひいらぎになりました。地方などによって呼び方が様々ですがギチ、ネコマタギ、ゼンメなどがあります。

柊の旬の時期

4月〜6月が旬です。

柊の栄養成分

栄養素はEPA・DHAがとても多く含まれており血液の流れを良くして血圧を下げ、心筋梗塞の予防や肩こりなどを良くしてくれます。

柊の効能

DHAは魚の脂肪に沢山含まれており不飽和脂肪酸で血液中の中性脂肪を減らす働きがあり脳の神経細胞の生成に関わっていますので記憶力や学習能力の向上に役立ちます。

最近では認知症の予防効果にも期待されており、血栓を予防して血液の流れを良くする効果もあります。

カルシウムも含まれており骨や歯を作ったり、神経伝達物質をコントロールしたり筋肉を収縮させる働きに関わっています。

柊の形や色の特徴

成魚は10cmほどに成長ますが大きいもので15cmほどに成長します。

形は植物であるヒイラギの葉に似てい体色は青みがかった銀白色ですが後頭部に黒褐色の斑点があり背中の棘は鋭く発達しています。

体表は粘液が沢山出ていて手で触れるとヌルヌルしていて体の後半部は剥がれやすい小さな鱗に覆われています。

ひいらぎは背中に鋭い棘が生えているのでさばく際には注意が必要です。

群れで生活しているので一度に沢山捕獲する事が出来る。

口は小さく唇も薄いですが筒の様に突き出す事ができ前上顎骨と額骨を擦りあわせて発音する事も出来き食道にはバクテリアを共生させ暗いところでも発光する事が出来る。

柊の代表的なレシピ

柊は食べる部分が少なく刺身にすることがとても難しく火を通した調理法が一番おいしく食べる事が出来ます、ひいらぎは煮物や塩焼きがとてもおいしいです、干物なども出来ます。

柊のレシピを検索!又は のレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺