スポンサーリンク

石鰈(いしがれい)

スポンサーリンク

 

石鰈(いしがれい)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

石鰈の呼び名由来についてご存知ですか?

カレイは昔、その平たい形からエイの仲間と考えられていました。そして枯れた葉のような色をしていることから「カラエヒ(枯らえい)」と呼ばれていたのから転じて「カレイ」となりました。 また「カタワレイオ(片割れ魚)」という呼び名から転じたという俗説もあります。この呼び名に関わる中国の伝説ではカレイはもともと1つだった魚が2つに裂けたものであり、生き別れた半身を求めて漂っているというという逸話もあります。 鰈という漢字は葉のように薄い魚であるという意味を表しています。 表側(目がある側)の背びれ尾びれに硬い石状骨質板と呼ばれる骨片の突起が並ぶことからイシモチ・イシモチガレイ・ゴソガレイとも呼ばれます。また砂泥底に生息することからスナイシという名前もあります。

石鰈の旬の時期

夏が旬です。また秋冬に抱卵し子持ちとなったものも美味しい魚です。

石鰈の栄養成分

ビタミンB1とビタミンDが多く含まれています。ヒレの付け根の部分の肉はエンガワと呼ばれコラーゲンが豊富で独特の口当たりを楽しめます。

石鰈の効能

ビタミンB1は夏バテや疲れやすさを防ぐ働きのほか神経の働きを整えイライラを抑えます。

ビタミンDはカルシウムの吸収を助け、骨粗しょう症などの予防に効果があります。
コラーゲンは皮膚を若返らせる成分として知られ、肌の乾燥を防ぎキメを細かくする作用があります。

石鰈の形や色の特徴

大きさは約50cm程まで成長します。鱗は無く、表側の褐色に対して裏側(目が無い側)は純白色です。「左ヒラメの右カレイ」ということば通り両方の目は右側によっています。稚魚のときは両側にある目は成長に伴って片側によっていきます。これはカレイが海底に体をこすり付けるように生息し、獲物を狙うことに伴って進化したと考えられます。

石鰈の代表的なレシピ

新鮮なものは刺身にするのが美味です。基本的に淡白な魚なのでムニエルやフライに向いています。

煮付けにするときは、はじめに水と酒だけで煮て、身をかためることで煮崩れを防ぐことが出来ます。生姜、砂糖、醤油、みりんを加えて照りが出るまで煮れば出来上がりです。煮汁にはコラーゲンが溶け出しているので煮こごりまで残さず食べれば肌の美容に効果的です。

石鰈のレシピを検索!又は いしがれいのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺