スポンサーリンク

縞鯵(しまあじ)

スポンサーリンク

縞鯵(しまあじ)

"Pseudocaranx dentex (White trevally)". Licensed under Public domain via ウィキメディア・コモンズ.

縞鯵(しまあじ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

縞鯵の呼び名由来についてご存知ですか?

潮通しのよい沿岸石周辺でとられます。島でとれるから「島」を表すという説と幼魚の時に体側に表れる鮮やかな黄色い縦縞があるため「縞」を表すという二つの説があります。 姿形から地方ではカツオアジ(鹿児島)、コセアジ(高知)、ヒラアジ(熊本)シマイオ(浜名湖)と呼ばれています。 また東京では、縞鯵の大物をオオカミと呼んでいます。 英名はGuely jack & Striped jackで、Jackは、水夫など威勢のいい若者の俗称に用いられ、その名から生きのよい力持ちという印象があります。 魚鑑では「状アジに似て全身マナオのごとし、料理人もっとも重んず」と評価されていますが、「本朝食鑑」では「味はよくない、もっとも下品である」とあり、「大和本草」でも「味は劣る」と酷評です。

縞鯵の旬の時期

旬は夏で、大型のものはやや脂肪が強すぎますが、1−2s前後の中型物は、淡いピンクから乳白色の上品な肉質のものが美味しいです。
ブリなどよりおとなしい行動を示しますが、釣り上げるときの手ごたえありです。
また、口が軽いことから、ゆっくり釣り上げるのが釣り師の腕の見せ所でもあります。

縞鯵の栄養成分・効能

栄養価は高く、同じアジ科の真鯵の何倍もいろいろな成分が多く含まれています。真鯛などと比べても、縞鯵のほうが、ビタミン類が多く含まれています。脂ものっています。
DHAやEPAを多く含んでいます。血液中の生活習慣病の原因となるコレステロールや中性脂肪を減らし、血液を浄化し、サラサラにする働きがあります。
また、ガン細胞の増殖を抑える働きもあるといわれています。

縞鯵の形や色の特徴

体側に黄色の横縞があります。鯛のように背高があり、尾びれの手前2つ、遊離鰭体側の中央にも黄色い縦帯があります。

縞鯵の代表的なレシピ

頭が割に小さいこともあり、食べる部分が多いです。
刺身や鮨種にするのが一番美味しいです。

縞鯵のレシピを検索!又は しまあじのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺