スポンサーリンク

介党鱈(すけとうだら)

スポンサーリンク

介党鱈(すけとうだら)

"Walleye pollock" by National Oceanic and Atmospheric Administration - http://www.nmfs.noaa.gov/fishwatch/species/walleye_pollock.htm. Licensed under Public domain via ウィキメディア・コモンズ.

介党鱈(すけとうだら)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

介党鱈の呼び名由来についてご存知ですか?

一般にスケソあるいはスケソウとも呼ばれています。 佐渡について書かれた史料「秉穂録」によると、佐渡にはスケトウという魚があり、漢字で「佐渡」と書くと記述されていて、佐渡の名前の由来とした魚だと言われています。 竹野肇の主張によれば、元々はスケソという名前であり、「助宗鱈」という字が当て字されたことに由来すると言われています。 「大言海」によれば、「鮭の鱈」が転訛して「スケタラ」になったのが由来とされます。 また、タラを漁獲するのに、人手が必要であることから、漁に助っ人が必要なタラということで「助っ人ダラ」を由来とする説もありますが、この由来はいささか穿った見方と指摘されています。 地方によりさまざまな呼び方があります。新潟県で、スケトウ・ナツトオダラ・ヨイダラ、富山県では、キジダラ・キダラ・シラミダ、島根県でスケドオなどと呼ばれるほか、メンタイ・ミンタイなどと呼ぶ地域もあり、「明太子」の名はここからきています。

介党鱈の旬

真鱈と同様に冬が旬です。

介党鱈の栄養成分・効能

白身魚には、一般的に、脂質が少ないのですが、その中でもタラはきわめて少なく、ダイエット向きです。
タンパク質やカルシウム、鉄、ビタミンは、青魚と比べると少ないですがまんべんなく含むみます。
たらこにはビタミンB1・B2・Eの含有に非常に優れています。
ビタミンEは、皮膚の若返りに良く、美容にとても良いです、また、血液の循環を良くして血管の老化を防ぎます。
ホルモンの分泌にかかわって皮膚の代謝機能を高めてくれます。
うるおいのある肌を保つにはビタミンEの補給が必要です。

介党鱈の形や色の特徴

体長約70センチ、最大で全長91センチ、体重1.4キロに達します。
真鱈よりは小さく、背側の体色は褐色で、まだら模様が繋がった2本の縦帯模様があります。
腹側は白色で、外見はマダラやコマイに似ます。すけとうだらは、目が大きく、下顎が上あごより前に出ていて口ひげはほとんど目立ちません。

介党鱈の代表的なレシピ

鮮度の良いものが手に入ったら、チリ鍋、煮魚にすると美味です。
真子は小芋などと共に煮るにもよいです。

介党鱈のレシピを検索!又は すけとうだらのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺