スポンサーリンク

鮎(あゆ)

スポンサーリンク

鮎(あゆ)

鮎(あゆ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 152(kl) 17.8(g) 7.9(g) 0.6(g) 250(mg)
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 55(μg) 0.15(mg) 0.14(mg) 2(mg) 0.8(g) 0(mg)

鮎(あゆ)の栄養と効用

鮎 (あゆ) は、キゥウリウオ科に属する魚で、淡水魚です。天然と養殖を比較すると、養殖のほうがやや太っています。
鮎 (あゆ) は、四国・九州・本州など、河川や湖、渓流域に生息しています。6月から8月の時期が旬の時期です。
味は、川魚にしてはコクがある味で、たんぱく質・脂質のバランスがよく、ビタミンも豊富に含まれています。天然に比べて養殖のほうに、脂質が約3倍も多く含まれています。EPAやDHAの含有量は、天然ものは約300mgに対して、養殖ものは約800mgも含まれています。EPAやDHAは良質な不飽和脂肪酸の一種です。
鮎 (あゆ) の稚魚が川を勢いよく遡上リする光景は、その生命力の強さを感じさせてくれます。

鮎のレシピを検索!又は あゆのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺