スポンサーリンク

剣先烏賊(けんさきいか)

スポンサーリンク

剣先烏賊(けんさきいか)

剣先烏賊(けんさきいか)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

剣先烏賊の呼び名由来についてご存知ですか?

剣先烏賊の形から「厳つい」や「厳しい」という事から「いか」と言われるようになったり、いが「白」を意味したり「か」が「硬い」という意味をしたりする事から略され 「剣先烏賊」と名づけられました。 そして漢字の由来はいつも水面に浮かんでいる事からこの漢字が使われるようになりました。

剣先烏賊の旬の時期

剣先烏賊が子持ちの場合取れる時期が、7月から9月が1番取れる時期とされています。
ただの剣先烏賊の場合ですと、5月から6月にかけてが1番取れる時期です。

剣先烏賊の栄養成分

剣先烏賊はほとんどカロリーが少なくまた、たんぱく質が多いため健康的な食材として知られています。
そのため、ビタミンCやコレステロールも少しですが含まれています。

剣先烏賊の効能

期待するほどの効能がほとんどないのが剣先烏賊です。ただ、たんぱく質が豊富なためエネルギー源にはなりますので、体力や血液をうまく作るのに非常に必要な栄養素が含まれています。
コレステロールは性ホルモンや副腎皮質ホルモンや胆汁酸やビタミンDなどの原料としての働きがあるため、人間には必要な栄養素のひとつになってきます。
そのため、栄養食としても重宝される事もあります。

剣先烏賊の形や色の特徴

剣先烏賊は全長約40cm前後になり、全体的にまばらだが赤と白っぽい色をした二色の色がのが体にあり、頭だけは白くて目がとても大きく合計約4本ありその中でも真ん中の足がとても長くインパクトのある足になっていて、剣先烏賊は小魚等を捕らえて食べる肉食系の生き物です。

水深20メートルから40メートルぐらいの深さで生きており、春から夏にかけて産卵し秋になれば更に深い60メートルから100メートルで生息しています。

剣先烏賊の代表的なレシピ

剣先烏賊が新鮮でしたら刺身にして食べるのが1番美味しく頂ける食べ方です。
次に、イカ天等にしたり剣先烏賊を木のくしでさしたりしてそのままじっくりと網等であぶったり、甘辛く煮込んだりまたげそと組み合わせて辛子味噌等であえて食べるとお酒のおつまみとして美味しくいただけます。
他にも、煮物などにすると柔らかくなり食べやすいです。

剣先烏賊のレシピを検索!又は けんさきいかのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺