スポンサーリンク

潮前河豚(しょうさいふぐ)

スポンサーリンク

 

潮前河豚(しょうさいふぐ)に含まれる主要栄養素

栄養素名 カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物 カルシウム
100g含量 - - - - -
栄養素名 ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 鉄分 食物繊維
100g含量 - - - - - -

潮前河豚の呼び名由来についてご存知ですか?

なぜフグが河豚と書くかといいますと、まず河という字が使われています理由は、中国では海よりも黄河や揚子江などの河に生息しているフグが親しまれていたからだそうです。そして豚という字は膨れている姿が豚に似ているということと、釣り上げられたときに身の危険を感じたフグが威嚇をするためにブーブーと鳴きます。その声が豚の鳴き声と似ていることから豚という字が使われるようになりました。

潮前河豚の旬の時期

産卵期は梅雨から初夏のころにかけてで、旬の時期は冬になります。

潮前河豚の栄養成分

フグは低カロリー、高たんぱくで、脂質も少なくてあっさりとしている味わいの白身魚です。ビタミンの中では、ビタミンB2、B6、B12、D、Eを多く含んでいます。
ビタミンEは活性酸素を抑えるという働きがあり、それによって血液の流れがよくなるので、肩こりや冷え性、疲労などに効果があります。
ビタミンDは、リンやカルシウムなどの吸収を促すという働きがあります。

潮前河豚の効能

最近では、フグの黒い皮がガン予防になることが分かってきました。またフグの志望の中にはDHAが多く含まれており、アレルギー症やボケ防止に効果があります。ほかにも、更年期障害、視力低下の予防、高血圧、動脈硬化、性機能の改善などの予防が期待されています。

潮前河豚の形や色の特徴

ショウサイフグの体長は30cm程度で体には小さいトゲはなくて滑らかな表面です。体の色ですが、上半分は茶褐色で茶色や白い斑点がついていまして、下半分は白いということが特徴です。

潮前河豚の代表的なレシピ

白子はフグなどの料理で有名です。ショウサイフグの白子が楽しめるのは春先から初夏にかけてです。
フグには毒がありますので、フグを解体するのには、河豚調理師の資格が必要となります。2年くらいの経験と資格試験に合格しないとその資格は得られません。人の命のかかわる資格ですので簡単な試験ではありません。

潮前河豚のレシピを検索!又は しょうさいふぐのレシピを検索!

他の魚の種類と栄養

浅蜊 / / / 荒布 / 烏賊 / イクラ / 伊勢海老 / / / 海栗 / 海老 / 牡蠣 / カサゴ / 数の子 / / / / カワハギ / / 金目鯛 / / 栄螺 / / / 秋刀魚 / / 柳葉魚 / 筋子 / スモークサーモン / / / / 鱈子 / 生若布 / 虹鱒 / / / ハマチ / ヒジキ / 平目 / 河豚 / 帆立 / / 若鷺